1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

fundoshi666さん

■Googleの社名の由来

googol(グーゴル)とは「10の100乗」、「膨大な数字を組織化できるように」という思いが込められていたそうですが、登録時のつづりミスで「google」となってしまったのだとか。

▼ちなみに、Google親会社の「Alphabet」の社名の由来は?

投資に対する期待以上のリターン「アルファ(Alpha)」と、賭けを意味する「ベット(bet)」を合わせた造語になります。

■Amazonの社名の由来

当初、「Cadabra.com」との社名だったが、英語で “死体” を意味する “cadaver” と音が似ていたため、「Amazon.com」に変更された。

創設者のベゾスは、1番目のアルファベッドである “A” から始まる名にしたいと思っていたところ、“Amazon” という言葉を発見したのだとか。

“Amazon” には「エキゾチック、独特な、様々な」という意味があり、会社のイメージにピッタリだったことから採用。また、ベゾスは世界で1番長い川を「アマゾン川」と勘違いしていたようだが、実際はナイル川が世界最長。

■Appleの社名の由来

Appleの社名の由来は公式で発表されておらず、様々な人が様々なことを言っているみたいです。

・電話帳の最初のほうに掲載したかった。(アルファベット順)
・リンゴは知恵の実で良いイメージ。
・ジョブズがフルーツダイエットをしていて、リンゴだけ食べればシャワーを浴びる必要が無いと考えていた。
・ジョブズがビートルズのファンであった。(レコード会社名がapple)
・会社名がなかなか決定しなかった時、たまたまジョブズがリンゴを食べていた。

Appleのロゴをデザインしたロブ・ジャノフ氏が先日、Appleという社名の由来について「スティーブ・ジョブズ氏が果食主義者で、リンゴが完璧な食品と考えていた」というエピソードを明かしています。

▼Appleには別の社名候補があった?

他に候補となっていた社名は「Matrix Electronics(マトリックス・エレクトロニクス)」、「Personal Computer(パーソナル・コンピュータ)」や「Executek(エグゼクテック)」といったものがありました。

■マイクロソフトの社名の由来

同社が創業した1970年代後半は、小型のコンピューターを「マイクロコンピューター」と呼んでおり、そのマイクロコンピューター向けのソフトウェアを開発していたことから「マイクロコンピュータ+ソフトウェア」の組み合わせから作った造語。

■IBMの社名の由来

「I=international」「B=Business」「M=Machines」を意味している。

IBMの前身は「C-T-R」という会社であるが、1914年に入社し、1915年には社長となったトーマス・ワトソン・シニアが社長就任10年後に「C-T-R」から「IBM」に変更したのである。

1 2