1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mousekunさん

留学を考えるならエージェントを利用すべき?エージェントとは?

留学エージェントとは、留学支援やサポートを行うサービスを提供している民間企業のことです。留学会社や、留学斡旋会社とも呼ばれます。主な業務は、留学を考えている人の相談にのり、留学先の学校情報の提供や手続きを行っています。現地サポートの窓口を持っている所もあります。

一般的に留学を考えるなら「自分で手続きをする」「学校などの指定留学」「エージェント」の選択肢があります。

ただ、前2者には以下のデメリットがあります。
「自分で手続き」・・・留学の手続きを行う作業自体に語学力や地理情報、法知識が必要。全て自己責任で完結する必要がある為かなり難度が高い。
「学校など」・・・・・留学先選択の余地が無い。枠も限られている為、学内の選考を勝ち抜く必要がある。

会社によっては費用を抑えることも出来る為、安心で実のある留学生活を送るにはエージェントの利用がおススメです。

国内エージェントと海外現地エージェントのメリットとデメリット

【国内エージェント】
メリット
・渡航前に日本で直接カウンセリングや相談ができる。
・渡航前のサポートサービスが受けやすい。
デメリット
・エージェントによっては現地学校の申込みに費用がかかり、現地でのサポート料や手数料がやや高めから高額になることも。
・現地サポートを下請けに委託している場合、現地の生の情報が入りにくいことも。
・カウンセラーが留学経験がないこともある。

【海外エージェント】
メリット
・学校の申込みや現地でのサポート料が無料なエージェントも多く、費用を抑えられやすい。
・カウンセラーは海外現地に住んでいるので、現地の生の情報が入りやすい。
・海外現地でのサポートが渡航後も続けてスムーズに受けやすい。
デメリット
・渡航前のやりとりがメールや電話対応のみの場合が多い。
・小さな会社も多く、評判や信頼度を測るのが難しい。

国内エージェントは日本国内に拠点を置いているだけあって渡航前の手続きやサポートに注力している反面、費用が高額であったり渡航後のサポートが不十分なケースが多いようです。
海外エージェントは業者選定に難度があるものの、自分の留学先に拠点がある為現地での生活の安心度が高く費用も国内エージェントと比較して安価です。

ケースにもよりますが留学で一番不安な「渡航後のサポート」「現地情報」を重視するなら海外エージェントの利用が無難な選択です。

ニュージーランドの現地エージェント5選

1位:T&J Star 留学

受け付け年齢が5歳~と低年齢からの留学教育も可能。
中学高校生の長期留学受付も可能ですが、一番の特徴は現地小学校へ親子でのプチ留学が可能な点です。長期留学を決める前に親子で留学を試してみることで本格的な留学への不安が薄まるのは非常に安心。
他にもニュージーランドの大自然を満喫できるファームステイも受け付けアリ。

代表が女性のため、女性ならではのきめ細やかなサポートが好評で、渡航前のやり取りは、メール以外にLINE通話が可能。

2位:留学ニュージーランドドットコム

代表の柳川氏は留学協会認定の海外留学アドバイザー資格を保有、細かく総合的なアドバイスが好評です。
また、ニュージーランド政府公認機関が設立しました代表団体機関とも提携をしており、小学校、中学校、高校、専門学校、ファウンデーションコース、大学、語学学校、ファームステイ留学、親子留学、ラグビー留学など顧客の用途に併せて広くアレンジした提案が特徴。

渡航前のやり取りは、メール以外に、LINE、Skypeなどの直接通話可能。

3位:NZ移住留学デスク

現地エージェントでありながら日本国内でのセミナーや個別相談会も実施している企業です。
サイトには体験者の具体的な留学前後の経緯やキャリアも紹介されているので、より具体的なビジョンが欲しい人には有難い情報が多い。

4位:オークランド留学センター

特徴としては専門学校・大学に 入学、学習・資格取得後、オープンワークパーミット(ビザ)を取得し、現地就職を目指し、永住権取得を目指すプランも用意されていること。
海外での長期的な就職や海外企業への勤務経験のステータスを求める人にはお勧め。

5位:ニュージーランド留学情報センター

無料サポートの範囲が広く学生には現地教育の補習も行っているのが特徴的。

1