1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

テレワークって実際どうなの? 社員の在宅勤務の実態

NTTグループなど様々な企業が新型コロナウイルス感染拡大対策として #テレワーク を導入している。東京オリンピックや働き方改革、女性の社会進出などで有効と考えられる在宅勤務(リモートワーク)の実態をまとめました。

更新日: 2020年02月17日

18 お気に入り 47019 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

いきなり全部でなくても、できるものがあるはず。

nyokikeさん

▼NTTグループが新型コロナウイルスの感染拡大対策として「テレワーク」の活用強化をしている

NTTグループが、新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受けた対策として、17日以降、時差出勤や在宅勤務などの「テレワーク」の活用を強化することが16日、分かった。

同グループは国内に約20万人の従業員を抱える。具体的な規模や内容は今後、各事業会社が決めることになるが、国内のほかの企業にも同様の対策が広がりそうだ。

・新型肺炎をきっかけに在宅勤務を進めている企業が話題に

GMOグループのコロナウイルス対策 【社員】 ・全社員の9割4000人在宅勤務 ・ランチは外食禁止 ・海外出張禁止 【お客様対応】 ・受付でアルコール消毒とマスク着用を義務づけ ・37.5℃以上の人は来社禁止 ・公共交通機関の利用禁止 (自家用車やタクシーの利用を許可) gmo.jp/info/news/35/ pic.twitter.com/qPKuIMkrQH

都内でコロナの感染者増えてきたしこの状態で満員電車に飛び込むのはマジで火の海にダイブするようなもんだと思うので各企業このタイミングでリモートワークを推進しまくるんだ

NECの在宅勤務ニュースのすごいところ ●ご近所のNTTデータがコロナウィルスニュースが正式発表したのは金曜日の夜 ●土曜日の間に対応を検討→即発表することで月曜の朝一ニュースで放映 6万人リモート&WEB会議推奨は英断だし、社員だけでなくステークホルダーも鑑みている。 経営陣も広報もすごい!

香港や上海では新型ウイルス感染拡大で在宅勤務は「してもよいもの」から「しなければならないもの」に変貌したという。日本でも大規模な在宅勤務を採り入れる良い機会だ。上司の顔色を伺い忠誠を示すための無駄な出勤とおさらばし、真の働き方改革を進める好機としたい。 toyokeizai.net/articles/-/329…

新型コロナウィルスの感染拡大を前に、早々に在宅勤務を決めた企業が素晴らしいのは勿論なんだけど、その判断を出来る状態を昔から作ってきたことが更に素晴らしいよね。 会社員時代を振り返ると、本当に無駄な会議が多かったし、そもそもオフィス行く必要がない日の方が多かった気がする。

コロナウイルス関係で在宅勤務サイコーみたいな意見ばっかり目立ってるけど、オフラインとオンラインで完全にコミュニケーションコストが変動していないかはちゃんと確認した方が良いと思うな。僕の私見だけどオフラインのほうが絶対にコミュニケーションコストは増える。

リモートワークの話になると、急に社員をずっと監視しておきたくなる「超束縛する恋人」みたいな人が現れる現象に名前をつけたい...

▼「テレワーク」での勤務環境の満足度は未導入企業の約2倍の差があるというデータも

レノボ・ジャパンは全国の20~50代の社会人を対象にテレワークの利用実態やオフィスワークとテレワークを比較して勤務環境の満足度や生産性などを調査した。6月25日に調査結果を発表した。

調査対象者全員に総合的な勤務環境の満足度を聞くと、全体の約3割が「満足している」「やや満足している」と回答。これをテレワーク未導入企業と、導入企業に分けて見てみると、テレワーク未導入企業で勤務環境に満足していると回答した方が28.7%だったのに対し、テレワーク導入企業では56.0%と半数以上が勤務環境に満足しており、約2倍の差がある結果となった。

・「テレワーク」とは?

テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

テレワークは働く場所によって、自宅利用型テレワーク(在宅勤務)、モバイルワーク、施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)の3つ分けられます。

▼現在、中国系企業で働いている人の在宅勤務の様子がツイートされていました

@cicasca これで本当に仕事が回っていけば世界変わると思うので期待してる

@cicasca @uberunion2019 みなさんがチャットやビデオ通話に抵抗がないのがうらやましいです笑

▼「テレワーク」を導入する時のデメリットは? こんな解決方法も

テレワーク導入にあたり、まず課題となるのが社員間のコミュニケーションの方法です。ひとつの仕事を共有しながら働くケースが多い日本企業において、テレワークをする社員、またテレワーク社員と共に仕事をする同僚も、顔を合わせた会話ができないことを不安に思うことがあります。また、テレワーク社員にとっては、共に働くスタッフが周りにいないため、孤立を感じてしまう可能性も生じます。

総務省によると、テレワークの導入企業の多くは、そうしたテレワーカーとの意思疎通を円滑にするために「ビデオ(Web)会議システム」や「ビジネスチャット」を使用しているようです

1 2