1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

そうなの?新型コロナを調べる「PCR検査」に問題があるみたい

新型コロナウイルスの感染の有無を調べる「PCR検査」に何やら問題があるみたいです。

更新日: 2020年02月17日

5 お気に入り 22209 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■連日報道される日本人の感染

新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で検疫の関連業務に当たっていた厚生労働省の50代の男性職員1人の感染が新たに確認

新型コロナウイルスの感染者で、国内で初めて死亡した神奈川県内に住む80代の女性が一時、入院していた相模原市の病院の看護師1人が、新たに新型コロナウイルスに感染

16日、東京 大田区の「牧田総合病院」の「蒲田分院」に勤めている60代の男性医師の新型コロナウイルスへの感染が明らかになった

■この状況を重く見た政府は緊急対策を宣言

政府は十四日、新型コロナウイルスによる肺炎拡大に関する第一弾の緊急対策のために、二〇一九年度予算の予備費から百三億円を支出することを閣議決定した

緊急対策には、ウイルスを高精度で検出するPCR検査を全国に整備・拡充する方針が盛り込まれる

■全国に整備されるという「PCR検査」とは

PCRを用いた遺伝子検査は、ウイルスや病原菌検出、遺伝子組換え食品検査、遺伝病・がん遺伝子検査などの幅広い分野で利用されています

PCR法は、増やしたい遺伝子のDNA配列にくっつくことができる短いDNA(プライマー)を用意し、酵素の働きと温度を上げ下げすることで、目的の遺伝子を増やす方法

「検体が持ち込まれて、結果が出るまでどれくらい時間が?」【尼崎市立衛生研究所 村山隆太郎さん】「6時間かかります。ウイルスの遺伝子情報が増えたら陽性です。増えなかったらまったく何もでないので陰性です」

■この要となるPCR検査に問題があるという

患者167人のうち5人が、肺の画像が病気を示していたにもかかわらず、陰性と判定された。5人は後日の検査で、陽性と判定された

喉の裏側から検体を採取するのは、果たして効果的なのかについても、議論がある。新型コロナウイルスによる症状は、肺の奥深くで起きている感染症だ。鼻や喉ではない

■検体が採取できるかどうかがあやふや

検体なんですが、中に綿棒が入ってます。この綿棒は病院の医者が喉を拭って、液を採ったもの。それをウイルス輸送培地に入れて検体として保管されます

検査では患者の喉を綿棒でぬぐうが、良いやり方もあればそうでもないやり方もある。「だらりとさせただけか、それともしっかりこすったのか」では違う

■更に時間もかかり大量の検体を一度に検査することもできない

この施設の中で検査できる人数は、1日どれくらいですか 尼崎市立衛生研究所 宮永恵三所長;他の検査がなくて、新型コロナウイルス専用に今の機械を使った場合で、24検体

これまでは、PCR検査によって新型コロナウイルスによる肺炎かどうかの判断をしてきたが、検査機関が不足しており、十分な数の検査が出来てはいない

1 2