1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

職場に共感力がない人はいませんか?共感力がない人は自分のことばかりで、相手のことはどうでもいいという人が多いようです。共感力が強すぎても問題ですが、まったくないのも困りますね。共感力がない場合はどのようにして共感力を見つけたらいいでしょうか?共感力に関するまとめです。

uhdgfk999さん

共感力が高い人の特徴と共感力が低い人の特徴とは?

共感力とは、相手の考えに対して全く同じように感じる能力のことです。

共感力が高い人は、人望が厚く、周りから信用をされやすいです。

共感力が低い人は、自分の話しかしない、話を聞いてくれない人だと認識されます。

この両者は具体的にどのような部分が違うのでしょうか。

そこで今回は共感力が高い人と低い人の特徴についてご紹介していきます。

あなたに当てはまるかどうか確認しながらご覧ください。

そして共感力を高める方法についても触れていますのでぜひ参考にしてみてください。

共感力を高める方法を臨床心理士が専門解説

1.カテゴリー理解(初期の出会いの位相)
「第一印象」や「雰囲気」を感じ取り、対人関係における手がかりの知覚や言語的・非言語的コミュニケーションをきっかけにします。看護師と患者が初めて対面する時、お互いを「患者、看護師」といたカテゴリーで相手を認識します。

2.軽い共感(同一性の出現の位相)
相手のアイデンティティを認める始める段階です。相手を「患者」「看護師」といったカテゴリーで認識するのではなく、一人の人間として見るようになります。ただ、共感と呼べるほど相手の深い部分を理解するところまではたどり着いていません。

3.深い共感(共感の位相)
共感はそれぞれの独自の存在として距離を保った上で、お互いを理解しあっているような感覚になります。相手の独自性や個性をより明確に知覚されるようになります。この位相には必要条件があり、お互いに類似する出来事をすでに体験していることが必要となります。

共感力に欠ける人

人生の中で光となってくれる人もいれば、わたしたちの道を暗くして、進むことを困難にする人もいます。同じように、他人を助けるために想像できないようなことまでしてくれる人もいれば、他人の人生が関わっていても指一本動かさない人もいます。こういった人たちは共感力に欠けるのです。

わたしたちの道を豊かにしてくれるような関係もあれば、全くそうではない関係もあります。あなたも間違いを犯すことがある、ということを理解してくれない人に出会ったことはありませんか?あなたの考えや気持ちを一ミリも考えてくれないような人に出会ったことはありませんか?こういう人たちは、共感力に欠けているのです。他人の立場に立って考えることに興味がありません。

共感できない人の特徴

人は誰でも自分の意見に共感してほしい生き物。特に女性は感情に敏感です。

共感力が高いと人に愛され人気者に、共感力が低いと自然と周囲から人は去っていきます。

周囲に女性がいない人は共感できない人の特徴に当てはまっているのでは?

ストレートに意見を伝えている
意見を素直に言うことは決して悪いことではありませんが…。

相手の気持ちを考えないで自分の意見ばかり言ってしまうのは共感力が低い証拠です。

どれだけ正しいことを言っていても、どれだけ相手の役に立つことだとしても。

聞く相手の気持ちを無視して『自分の意見を直球で伝えてしまう』と伝わりません。

他人に興味への興味が薄い
友達の話や他人そのものに興味が薄いのも、共感力が低い人の特徴です。

他人への興味が薄いと他人の気持ちを考える機会も自然と少なくなります。

コミュニケーション同様、人の気持ちに触れる機会が少なければ、気持ちに共感する力が衰えるのは当然のことです。

共感力が低い人の困った心理的特徴8つと共感力の高め方

無神経で思いやりが足りない
共感とは、自分の身の周りにいる人々の意見、または感情に寄り添う気持ちです。共感力が高い人は自然と自分以外の人を気遣い、悲しみや怒り、喜びを分かち合います。

一方共感力が低い人は相手に共感できないからこそ、無神経な発言で相手を傷つけたり、思いやりのない行動でその場の空気を乱してしまいます。

それは共感力が低い人が、自分を中心として物事を考えてしまっているせいです。この自己中な心理的特徴が、共感力を低くしているのでしょう。

“共感力”とは?共感力がない人の特徴/高めるトレーニング方法を解説

共感力が高い人1. 会話の中で人との共通点を見つけられる
自分ではない他人に関しては、全てが同意出来るとは限りませんよね。もちろん、「この考え方は自分とは違うな」と感じることもありますし、「それは違うのでは」と思うことも多くあります。

しかし、共感力の高い人は、「誰にでも自分と同じ考え、共感できる部分がある」と自然に考えているため、会話をしながら意識をしなくても、自分と相手の共通点を見つける事ができるのです。

見つけられるか見つけられないかが、共感力が高い人とない人の大きな差でもあります。


共感力が高い人2. 人への好奇心で満ち溢れている
相手と自分との共通点を探るという作業は、相手のことを知りたいという欲求がなければ成り立ちません。

そのため、他人と自分との共通点をサッと見つけられる共感力の高い人は、日頃から人へ興味を強く持っている人とも言い換える事ができるのです。

人に対する興味があるから、たくさん話をするようになりますし、そこから共通点を見つける事ができるのですね。

ビジネスで成功するには欠かせない「共感力」を伸ばす3つの習慣

共感力というのは、あるといいもの、人間関係において一番大事な親しみのある感情、外で働く時に好感を持たれるもの、などのように思っているかもしれません。しかし、このかなり人間くさい性質こそが、実際のビジネスでは欠かせないのだと、専門家は主張します。
共感力があると、指導力やリーダーシップの資質を伸ばしたり、正しい質問をしたり、チームワークを盛り上げたり、顧客のことが理解できたり、融資を受けることだってできるようになります。どれも知っておいた方がいいことばかりですが、自分の共感力を伸ばしたりすることができるのでしょうか? 他人に共感したり、感情移入したりする能力というのは、子どもの頃に培われるものですが、人生経験によって変わるのでしょうか? 誰かが考えていることが分かるようになったりするのでしょうか?

共感力

今回は、個人のストレス耐性に大きくかかわる「共感力」についてお話ししま
す。共感力とは「他人の気持ちがわかる力」や「他人のことを思いやる力」の
ことです。

たとえば、東京に住んでいる人が先日起こった「熊本地震」のニュースを地震直後にテレビで見たとします。そのときに、他人に共感できる人は「熊本に住んでいる人は辛いだろうな」と感じますが、他人に共感できない人は「東京に住んでいる自分には関係ない」と感じます。この「他人に共感できる度合」が共感力なのです。

ちなみに、「共感」と「同情」は違います。先ほどの熊本地震の場合、「熊本
に住んでいる人は辛いだろうな、私も辛くなる」と感じるのは同情です。こち
らは相手のネガティブ(否定的)な感情に引きずられて、自分もネガティブな
感情になってストレスを感じます。「熊本に住んでいる人は辛いだろうな、被
災者に寄付をしよう、ボランティアに行こう」というように、相手の気持ちを
理解して、ポジティブ(前向き)な感情からポジティブな自分の行動に移すの
が共感です。

共感力が高い人の特徴・高める方法・高いか診断するチェック項目

共感力というのは、生まれながらにそなわっているものですが、中でも繊細な神経な人は他人のことに気を遣い、相手の話をよくきくために結果として共感力が高まります。相手の話を聞きながら、時には一緒に怒りや痛みを感じ分け合ったりします。もちろん、悲しい出来事ばかりに共感するわけではなく楽しいことが起きた時も同様にその感情をシェアします。

ただし、注意しないといけないのは、繊細であるがために共感力が高いと、自分の感情をコントロールできないほど相手の痛みを感じたりしてその感情で押しつぶれそうになります。話を聞きながら共感していくうちに、自分がその人のために何かしてあげないという気持ちに今度は苛まれる危険性もあります。

共感

共感(きょうかん)、エンパシー(empathy)は、他者と喜怒哀楽の感情を共有することを指す。もしくはその感情のこと。例えば友人がつらい表情をしている時、相手が「つらい思いをしているのだ」ということが分かるだけでなく、自分もつらい感情を持つのがこれである。通常は、人間に本能的に備わっているものである。しかし、例えば反社会性パーソナリティ障害やサイコパスの人物では、“共感の欠如”が、見られる[1]。近藤章久は深い共感と直観を精神治療の根幹とした。

共感性がたとえば友情を生み出す。友人になったきっかけは、「何となく」であることが多いが、「何となく」の本性は、共感性である。共感しない立場をとると、子猫を憎むことを主張しているかのように受け取られ、不興を買う[2]。

動物においても類似の例はあり、たとえばコンラート・ローレンツはガンが湖に群れで舞い降り、また新たな餌場に移動する際に、鳴き声を互いに聞くことで気分を共有するのだと論じている。

「共感力」が経営を殺しうる理由

「共感力を鍛えなさい」

今の時代は、共感されるかどうかが重要。あなたも、こういう言葉を聞いたことがあるかもしれません。

〔photo〕iStock
たしかに、SNSの発達によって「共感される発言」や「サービス」は瞬く間に、拡散され、思いもかけないようなチャンスをもたらすことは多いです。

一方で反対の意見もあります。SNS時代だからこそ、こういう反対意見もあります。

「鈍感力を鍛えなさい」

いわく、周りからなんて言われようが関係なく、鈍感力を持って生きた方が楽だというわけです。

共感力と鈍感力、同じ、1という情報があったときに、どれだけの自分に影響を受けるのか、という点では、この二つは矛盾しているように見えます。では改めて、あなたは、経営において

「共感力は、必要か」

と聞かれたら、なんと答えるでしょうか。

共感力とは

共感力は他人の気持ちや考え、意見をその通りだと感じる力の事です。

この共感力は他人とコミュニケーションをとることで感じることができるもので、ことばを持たない動物などには備わっていない能力と言えます。

人間同士でも母国語などが違うことによって共感力を発揮できないケースもよくあります。

しかし、会話ができるのであれば共感力を持っているかどうかで、気持ちが通じ合えるかどうかが決まるといってもいいでしょう。

それほどコミュニケーションにとっては共感力が重要ということになります。

まずは共感力がない人の特徴や心理から考えてみましょう

コミュニケーション能力における「共感力」の本当の意味

「共感力」の本当の意味
コミュニケーションでは、「共感力が大切」と言います。

共感力を辞書で調べてみたら、「他人の意見や感情などにそのとおりだと感じること。また、その気持ち」とありました。一言でまとめれば、「あなたの気持ち、わかります」というイメージでしょうか。

確かにその一面もあるかもしれませんが、実は、共感力の本当の意味は、少しニュアンスが違うことをご存知ですか?



日本コミュニケーショントレーナー協会の椎名規夫さんは、ご著書『人を動かす力』の中で次のようにおっしゃっています。

共感能力とは、こちら側が相手の気持ちに共感することではありません。相手から「この人だったらわかってくれる」「この人だったら信頼できる」と感じてもらうことです。

引用:人を動かす力

共感の意味とは?共感力が高い人と低い人の特徴&高める方法を解説!

共感力を高めたい方へ。方法を徹底レクチャー!
共感力が高い人と低い人の特徴&高める方法

他者の気持ちを感じ取り、理解する「共感」。会話などで相手の気持ちがわからなくて、「自分には共感力がないかも」と困っていませんか。

人と人とのコミュニケーションにおいて大事な共感力ですが、共感力を高めるにはどうしたら良いか悩むものですよね。

本記事では、共感とはどういう意味かをふまえて、共感力が高い人と低い人にどのような特徴があるのか、またメリットとデメリットは何かを詳しく解説。

共感力を高める方法や、共感力が強すぎる人がストレスを溜めない対処法も紹介しますので、コミュ力をアップさせたい人は最後までしっかり読んでくださいね。


そもそも“共感”とはどういう意味?
共感とは、辞書的に言うと「他人の考えや主張に、その通りだと感じたり、同じ気持ちを持ったりすること」という意味です。

相手の考えや主張がわかるということとほとんど同義ですので、対人コミュニケーションにおいて絶大な力を発揮します。

「共感力」を持っている人の特徴とは?高めるための“3つの方法”

「先輩には、もうちょっと共感してもらえると思ってました…。残念です…」
「上司なんですから、部下の気持ちにもう少し共感して欲しいんですが…」

上記のような言葉をかけられて、ハッとした経験がある方も多いのではないでしょうか?これまで自然に共感できていると思っていたのに、実はできていなかった…。この事実を突きつけられてしまっては、ショックを受けますよね。

改めて、そもそも共感力とはどんな力なのか?「共感力」を高めるためにはどうすればいいのか?について考えたいと思います。

今回は『損する気づかい 得する気づかい』(ダイヤモンド社刊)の著者である八嶋まなぶさんに、「共感力を高める方法」について伺いました。

1 2