1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ドラマ化も決定!実写版『映像研には手を出すな!』が楽しみ

現在放送中のアニメ版が絶賛されている『映像研には手を出すな!』。乃木坂46齋藤飛鳥の主演の実写映画版も発表されていたが、公開日が決定し、併せてドラマ化も発表された。ドラマのメインキャストには小西桜子、グレイス・エマ、福本莉子、高嶋政宏。

更新日: 2020年03月23日

6 お気に入り 12754 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆話題を呼んでいるアニメ版『映像研には手を出すな!』

NHKで放送中の深夜アニメ『映像研には手を出すな!』(毎週日曜夜0:10-0:35)がインターネット上で大きな話題をよんでいる。

原作は大童澄瞳による同名マンガ。迷宮のような町に暮らす高校1年生の浅草みどり(声:伊藤沙莉)、金森さやか(声:田村睦心)、水崎ツバメ(声:松岡美里)の3人組が「映像研」を立ち上げ、夢のアニメ制作に向かって邁進する姿を描いた物語だ。

アニメは『四畳半神話大系』『DEVILMAN crybaby』などで知られるアニメーション監督・湯浅政明さんが監督を務め、湯浅さん率いるサイエンスSARUが制作を手がけている。

・原作の世界観をさらに広げたアニメ化が絶賛されている

原作の世界がもつ“ワンダー”をアニメ表現でさらに押し拡げ、細部までこだわり抜かれたアニメーション演出が放送開始後から爆発的に人気を集めている本作。

女優・伊藤沙莉が浅草役をエネルギッシュに演じ、作品に新鮮な風を吹き込んでいる。金森役・田村睦心のクールな怪演、水崎役・松岡美里のキュートな好演とのアンサンブルはそのままアニメ表現の多様性を体現するかのようで、これまた秀逸なキャスティングだ。

SNSでも「こんな心踊る作品が見たかった」といった絶賛コメントや、思い思いの「映像研」にまつわる投稿などで連日盛り上がっている。

◆一方、乃木坂46齋藤飛鳥の主演で実写化も決定済み

今夏には乃木坂46・齋藤飛鳥さん主演の実写映画も公開が決定しており、すでに制作開始されている。

実写版のメガホンをとるのは、乃木坂46のメンバーが多く出演した『あさひなぐ』(17年)や『映画 賭ケグルイ』(19年)などを手がけてきた英勉監督。

・体当たり演技の場面写真などが公開されていた

今回公開された場面写真は、極度の人見知りで他人とまともに話すことができない主人公・浅草みどり(齊藤)が、あるプレッシャーに耐え切れずに、白目を剥いてぶっ倒れてしまうシーン。

さらに、金儲けに目がないプロデューサー気質の金森さやかを演じる梅澤は、眼鏡を頭にかけたスタイルでビジュアルを完璧に再現。水崎ツバメ役の山下も、読者モデルという役どころ通り、美しさ溢れる姿を披露している。

日刊スポーツの連載「坂道の火曜日」、今日18日は、乃木坂46齋藤飛鳥さん、山下美月さん、梅澤美波さんの登場!映画「映像研には手を出すな!」の最新情報やインタビューなどを掲載。 ぜひご覧になってみてください! #坂チュー 楽天→bit.ly/2UbOqHb Amazon→amzn.to/3bhvawP pic.twitter.com/rPzs49IdKM

◆そしてついに公開日が決定 またドラマ化も発表された

また、映画公開前の4月からMBS/TBSドラマイズムにてドラマ放送されることも発表された。

◆ドラマ版のメインキャストには小西桜子ら

1 2