1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

またやられたの?今度は「紅はるか」が韓国に流出してるみたい

日本の農家が開発した紅はるかというサツマイモが、またも韓国に流出しているようです。

更新日: 2020年02月19日

9 お気に入り 34759 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■人気のさつまいも「紅はるか」

安納芋を超えた!?焼くと蜜が入ったように甘くなる葵はるか、それはまるで和菓子を食べているよう

蒸す、焼くなどの加熱調理後の肉質は、掘りたてはやや粉質ですが、貯蔵すると粘質になり、甘みがさらに増してきます

「べにはるか」は、多収で上物率が高いことやネコブセンチュウに抵抗性を持つこと、また貯蔵性がよいことなどから、作付面積が拡大

■ネットでも話題に

@torigoe_kana 「紅はるか」、美味しいですよね! 個人的には、さつまいもの中で一番かなぁ? 糖度、蜜度、しっとり感、全て好きで~す。

今の紅はるか、逆に芯が少し残るくらいの焦げ少なめ、冷たくして提供するのが一番な気がする…(ToT)

@mizuki_hsgw213 この前会社で紅はるかさんの焼き芋貰ったんだけど、甘すぎて焼き芋の形したスイートポテトかと思っちゃったわ! 生まれてくる形間違えちゃったじゃん!めっちゃ美味かったわ!!

■もちろん日本が開発した宝だ

今、「とても甘くて美味しいサツマイモ」として話題になっているのが(独)農研機構 九州沖縄農業研究センターが2007年に育成した新品種「べにはるか」

地道な育種作業の中、近年まれに見る良質な品種が農研機構から誕生した。2010年に品種登録された「べにはるか」

「べにはるか」の父は「春こがね」、母は「九州121号」。これら父母もそれぞれ「ベニアズマ」と「関東103号」、また「九系61」と「九系58」を交配して生まれた

■この宝が韓国に流出している

海南で栽培され、人気を博している蜂蜜サツマイモという品種は日本で言うところの紅はるかにあたる

無許可で韓国に持ち込まれたものが農家の間で評判となり、続々と広まったという。目下、シンガポールや台湾に年間300トンが輸出されている

■またやられたの…?

昨夜のWBS 韓国が勝手に持ち帰り栽培 日本『紅はるか』 韓国『蜂蜜さつまいも』 韓国生産者は、日本の品種と知った上で生産・流通している 食べ方も日本を真似て石焼き芋に 苺に葡萄に、今度はさつまいも… 政府は何か手を打ってるのかな? これでは開発者も生産者もやってらんないでしょう

苺も盗まれてサツマイモまで盗まれているのか 韓国がヤバイのか日本が危機感が無さすぎるのかわからんね。。。 倫理観が違い過ぎて飽きれる 紅はるか返してよ! #wbs

@satsumaimohaku 紅はるかが韓国にまたもや盗難されてます。 ロイヤリティも払わず輸出しボロ儲けしてますよ!!!訴えるべきでは?

■以前はイチゴが

2000年初期、韓国で栽培されている約65%ものいちごが、日本産のいちご苗を無断で使用

韓国産イチゴが最近は輸出面でも絶好調。韓国農水産食品流通公社が発表した2016年のイチゴ輸出額は、3244万9000ドル(約36億5000万円)にもなる

日本産イチゴの輸出機会が奪われ、5年間で最大220億円の損失。また、およそ1300億円といわれる韓国のイチゴ市場からのロイヤリティの損失は、年間16億円になる

1 2