1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ドキドキ感がヤバイ。春公開のおすすめ恐怖映画

ドキドキ感ハンパねぇー。もうすぐ公開の恐怖映画は期待しちゃいます。チェックしてね!

更新日: 2020年02月20日

21 お気に入り 14478 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

◎春になると期待しちゃう。ドキドキ映画…

▼スケアリーストーリーズ 怖い本 2月28日(金)公開

全米で子どもたちにトラウマを与えたとして図書館に置くことを禁じられた児童書ホラーを映画化。

#スケアリーストーリーズ 幽霊屋敷・呪われた本・仲良し3人組・突然出会う運命の人・ゾクっとするモンスターたち…!大好きなホラーファンタジーの要素てんこ盛りな作品で、全体的に魅力的だったし、独特な雰囲気を楽しめる映画だった!本が語る物語を通して展開していくストーリーも良かった! pic.twitter.com/9ZwiAtxQpI

スケアリーストーリーズ怖い本めっちゃ面白そうやぁ……クリーチャーのデザインがいい……気持ち悪い………

▼ナイチンゲール 3月20日(金)公開

流刑地における女性虐待と植民地化によって人口の90%が失われたと言われる先住民アボリジニの迫害の歴史を赤裸々に抉り出す。

映画『ナイチンゲール』英国植民地時代のオーストラリア、全てを奪われた女囚の“復讐劇”を描く - fashion-press.net/news/57864 pic.twitter.com/ZLwKCjQrdE

『ナイチンゲール』エグい時代の暴力と差別のつるべ打ちでかなり気持ちは陰鬱なんだけどメッセージ性が強烈。決して強くはないけど静かに復讐と前だけを見る女性の姿にも胸を打たれる良い映画でした。監督があのインパクト絶大な余韻を残したホラー『ババドック』の監督

▼CURED キュアード 3月20日(金)公開

ゾンビウイルスのパンデミック収束後、元感染者が社会復帰した世界を描くスリラー

ウイルスに冒されて無差別に他者を噛み殺すモンスターに豹変したのち、画期的な治療法によって回復した“元”感染者たち。

ゾンビ・パンデミックの終焉後描く ─ 『CURED キュアード』公開決定 theriver.jp/cured-release/ ゾンビの恐怖は収まっても、記憶だけは治らない。元感染者を恐れる社会と、PTSDに苦しむ当事者たち #キュアード #ゾンビ @kinofilmsJP pic.twitter.com/SFtoPUkBnr

怒りと憎しみの連鎖はセナンやアビー親子を巻き込み、新たな恐怖のパンデミックを招き寄せるのだった……。

3月公開映画は「ナイチンゲール」と「キュアード」がマストで観るやつです。ゾンビ映画好きのみんな〜!キュアードはゾンビが治療できるようになった世界で社会復帰しようと苦悩する元ゾンビたちの話だよ。楽しみだね。

▼クワイエット・プレイス PARTII  5月8日(金)公開

音に反応し人を襲う何者かにより荒廃した世界に生きる家族の恐怖を描いたホラーの続編

ジョン・クラシンスキー監督、エミリー・ブラント主演の最新サバイバルホラー『クワイエット・プレイス PARTII』インターナショナル版ポスター。 youtu.be/XEMwSdne6UE pic.twitter.com/7sA3TguJBM

1 2