1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●ストーキングに利用されるソフトウェア「ストーカーウェア」

持ち主に知られることなくスマートフォンを追跡するアプリの市場が急成長している

●そもそも「ストーカーウェア」とは?

つきまとい行為などを指す「ストーカー」という言葉と、コンピュータプログラムを指す「ソフトウェア」という言葉を足したものである。

交際相手などのスマートフォンにひそかにインストールされ、相手の位置情報やメッセージを監視する

ストーカーがこれらのストーカーアプリを使って他人を監視するには、ターゲットとする相手のスマホに直接アクセスする必要がある。

・実際は、ストーカー行為等に悪用されているケースが大半

・所有者に通知することなく、密かにアクセスするという

音声、動画撮影機能などへ密かにアクセス、DVやストーキングに利用されるソフトウェアを「ストーカーウェア」と説明。

・これらのアプリは「家族の位置情報共有アプリ」に見せかけている?

多くのケースで、ストーカーや虐待の加害者がストーカーウェアのユーザーとなり、追跡アプリをひそかに被害者のスマートフォンにダウンロードする。

これらのアプリは「家族の位置情報共有アプリ」に見せかけている場合が多く、ウイルス対策プログラムやアプリストアの監視をすり抜けてしまう。

●ネットでは、このニュースに様々な声が上がっている

ストーカーアプリって何?! 記事読んだら恐ろしいな

ストーカーアプリのお話し。そうした機能があるというだけのソフトとして正しくインストールされてしまえば検出も難しい。年々数が増えているのも需要あっての事なんだろうね…こわー twitter.com/topitmedia/sta…

パートナー相手に、ってことはバスワード知られてるってこと?? --- 「ストーカーアプリ」の危険な現実 メール盗み見、会議盗聴を疑うべき“異常”とは mixi.at/a3yiTs7

これもまた なんとなく… 「ストーカーアプリ」の危険な現実 メール盗み見、会議盗聴を疑うべき“異常”とは(ITmedia ビジネスオンライン) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200220-…

だからスマホにしたくないのよね〜。みんな気にしないのかな?(^_^;)>「ストーカーアプリ」の危険な現実 メール盗み見、会議盗聴を疑うべき“異常"とは mixi.at/a3yiTs7

米国で10人に1人がパートナー相手に不適切に使っているという「ストーカーアプリ」が恐ろしいです ・バッテリー消費 ・通信料などの請求書 ・スマホの電源を落とせない状況 これらに異常を感じたら要注意! ストーカーアプリの危険な現実 - ITmedia ビジネスオンライン ow.ly/TlGH50yr2wO

1 2