1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

女性のカードローン利用について

カードローンでお金を借りた経験のある女性の8割は年収300万円未満で、借りた金額の総額で最も多かったのは100万円以上200万円未満

年収の3分の1以上の借り入れを原則禁止とする「総量規制」を上回る驚きの調査結果が明らかになった。

結構、多い印象 女性のカードローン利用7割が「生活費」目的。8割が年収300万未満、返済まで5年超|BUSINESS INSIDER businessinsider.jp/post-207907 @BIJapanより

これはやばい。注視必要 女性のカードローン利用7割が「生活費」目的。8割が年収300万未満、返済まで5年超|BUSINESS INSIDER businessinsider.jp/post-207907 via @BIJapan

生活費としての借金が浮き彫りに

女性のカードローン利用者の8割が平均給与を下回っており、「生活費」としてキャッシングしていることが分かった。

さらに約8割が年収300万円未満で、うち100万円未満の人は2割以上。借り入れ期間も5年以上にわたる人が多いという調査結果が出た。

ローン地獄に陥る貧困女子も

「カードローン」「キャッシング」など用語は会社によって違いますが、これらはまぎれもなく「借金」

決して安くない利息を支払う必要があり、気軽に利用してはいけません。クレジットカードの「分割払い」や「リボ払い」、通販サイトの「ツケ払い」なども同様です。利息や手数料がかかります。

多くの貧困女子が抱えているひとつに「借金」があります。学生時代につくった返済が必要な奨学金(学生ローン)も、借金です。そこに加えてカードローンなどを作ると、借金返済のための借金を作る

近年では、自己破産は増加傾向

多重債務状態になっている方は、全国に120万人ほどいる見込み 女性のカードローン利用7割が「生活費」目的。8割が年収300万未満、返済まで5年超|BUSINESS INSIDER businessinsider.jp/post-207907 @BIJapanより

自己破産件数が2年連続で7万件を超える中、困窮する女性の実態が改めて浮き彫りになった形だ。

借金が返済できなくなった人が自己破産した件数は、去年1年間におよそ7万3000件と、2年連続で7万件を超え増加傾向

カードローンを利用した時の年収が300万円未満の女性が全体の79%を占めているとのこと。 うーん、考えさせられるなー。 平均借入金が100万〜200万で返済期間は5年でアコムとかで借りると金利もめちゃ高いし、損しかせーへん。 一方で他では借りられなくてそれがセーフティネットになってる部分もある

これが日本の実態だ… / 女性のカードローン利用7割が「生活費」目的。8割が年収300万未満、返済まで5年超 (Business Insider Japan) #NewsPicks businessinsider.jp/post-207907

専門家は…

専門家は「返済能力が不十分なのに安易にカードローンなどを利用するケースがあるほか、キャッシュレス化で家計の状況をきちんと把握できていない人も多くなっている」と分析しています。

さらに、働き方改革の影響で給料の手取り額が減り生活費の足しに借金をするケースもある」と分析しています。

利用は計画的に行いたい

1 2