1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●長年SMAPを牽引していたタレント・中居正広さん

87年3月にジャニーズ事務所に入り、翌88年、SMAPを結成。91年9月に「Can't Stop!! -LOVING-」でCDデビューを果たす。

1996年には、日本テレビ系『アトランタの風』でナレーションを務め、『第4回橋田賞』新人賞を受賞。

・有名番組の司会などを多数務める

1996年よりTBS系バラエティ『うたばん』で司会を務める

1997年NHK番組『第48回NHK紅白歌合戦』において白組司会を担当し、その後の各組合わせ計6回司会を担当。

1998年からフジテレビ番組『FNS27時間テレビ』の総合司会を3年間担当し、その後もナインティナインと共にを含め2004年、2006年、2011年、2015年に担当。

●その中居さんにジャニーズ事務所を退所すると報道

中居正広(47)が30年以上にわたり所属したジャニーズ事務所を3月いっぱいで退所し、独立する意向を固めたことが「週刊文春」の取材で分かった。

前出の関係者によれば、中居はすでに昨年6月までに契約を更新しない旨の意向を表明し、ジャニーズ側も了承

藤島ジュリー景子社長も中居の考えを尊重していたが、話し合いの時期に昨年7月に亡くなったジャニー喜多川元社長が病床に伏していたこともあり、公表は先延ばしになっていたという。

●その中居さんがジャニーズ事務所の退所・退社会見を行った

【会見】中居正広、SMAP不仲説笑う「本人たちがわかっていればいいこと」 news.livedoor.com/lite/article_d… 「なんで知ってるんだろうと思っていました」と笑いを誘いつつ、「あの騒動を経験したことは、貴重な経験でした」「不仲でいいんじゃないですか?実際?それは言わない」と話した。 pic.twitter.com/2HWiTjD74X

SMAP解散後に次のステップに向けて意欲がわかず、「環境を変えないといけないと思った」と胸の内を明かした。

・退社を検討し始めた経緯を説明

退社を検討し始めたのは昨年の5、6月だったそうで「明日にでも、辞めてこの会社以外でやりたいということでもなかった」としつつも、

ジャニー喜多川さんの死去や他の所属タレントの脱退や退社によって「これずっとタイミング見てたらやめられないなと…。

ジャニーズ事務所にいながら、会社を作ってから準備ができてからと、伸ばし伸ばしになりこのタイミングになりました」と説明

・「解散して3年2カ月になる、僕自身も少しのんびりする時期だった」などと説明

「解散して三年二カ月になる。メンバーも解散してひと段落、ひと休みという時間だった。僕自身も少しのんびりする時期だった。

退所の気持ちが生まれた時期を問われ、「解散して、僕に限らずですが、メンバーも一休みみたいな時期だったんじゃないかなと思います」とグループの解散が契機となったことを切り出した。

1 2 3