1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

英国流の進化に驚き!イギリスでカツカレーがブームだった

イギリスで日本のカツカレーが独自の進化を遂げている。カツカレーと言ってもチキンが主流らしい。

更新日: 2020年02月22日

4 お気に入り 5977 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

日本食の定番『カレーライス』はイギリスから伝わった

インドからイギリスに伝来し、明治時代にイギリスから日本に伝わった。

明治時代の日本海軍は、イギリス海軍を模範としており、食事の面でも手軽さと健康面を考慮した「カレー」を取り入れました。

ブリティッシュカレーの特徴は、カレー粉を使う点だ。カレー粉とは複数種類のスパイスをブレンドしたもので、イギリス人が発明したといわれている。

そのイギリスでは日本のカレーライスがブームになっている

『katsucurry』が日本風カレーの意味になっている。

カレーブームのきっかけをつくったのは、テイクアウト専門の日本食店「ワサビ」。寿司や弁当と一緒に日本のカレーを販売したところ、オフィス街のランチとして人気に火がついた。

Happy national katsu curry day! Today is your last chance to try Wagamama’s limited edition hot katsu curry + decide if you’re a hot #katsuconvert or a #katsuclassic. katsu soon! #katsucurry #wagamama #bondstreet #chelmsford pic.twitter.com/F9UuSGBBRI

因みにカツカレー(katsu curry)だがチキンカレー

イスラム法の下では豚肉を食べることは禁じられているが、その他の食品でも加工や調理に関して一定の作法が要求される。この作法が遵守された食品がハラールとされる。

CoCo壱番屋もロンドンに進出していた

カレー店チェーン「CoCo壱番屋」を運営する壱番屋は、新たに英国とインドに出店する方針を明らかにした。

So #CoCoIchibanya has opened a restaurant in #London and it has #Curry #Omurice! I'm a baby when it comes to spicy food but a friend of mine told me the mild option was not spicy at all and she was right! It was delicious #katsucurry #Japanese bit.ly/2V2v0kM pic.twitter.com/NCM4gu7o9B

Today we attended the soft launch of @ichibanyausa in Leicester Square! This Iconic Japanese Curry chain is now open in London! We went for #KatsuCurry with cheese! What will you have? #JapaneseFood #JapaneseRestaurant #LondonRestaurant #NewRestaurantOpening #Restaurants pic.twitter.com/5GTszmY8oJ

実はイギリスでカツカレーが進化している

それはスーパーマーケット各社が自社レトルト商品やカツカレーソースを開発し、チキンカツカレー味のスナック菓子を登場させていることからもわかる。

近所のテスコにて、チョップ・カツ・カレーのスティアフライ・ペーストとやらが売られていた。イギリスではお馴染みの、カツ要素が全くないkatsuシリーズ。ココナッツ風味でもはやタイカレー的な。 pic.twitter.com/vjkPCIAoZx

カツカレーのイギリス人気は知っていましたがここまでワケわからなくなっていたとは。カツカレーペーストにカツカレー炒め物の素、瓶いりカツカレーが怖いです。 pic.twitter.com/0j9EDSoFbG

イギリスでもインドの移民方がたくさんでカレーは最早国民食ですが日本のカレーは別物、ちょっとおしゃれ感を醸し出すセレブな位置付けです。katsu curryが通じます。しかしチキンカツカレーが主です。 pic.twitter.com/cKQRaEunbL

@momogramo 何か違った感じのカツカレーに進化(?)してきている✨

1 2