1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

tatsubo1208さん

■3月3日は「ひな祭り」の日

雛祭り(ひなまつり)は、日本において、女子の健やかな成長を祈る節句の年中行事。

ひな人形(「男雛」と「女雛」を中心とする人形)に桜や橘、桃の花など木々の飾り、雛あられや菱餅などを供え、白酒やちらし寿司などの飲食を楽しむ節句祭りである。

■ひな祭りは女の子の健やかな成長を願う日本の伝統行事

ひな祭りというと女の子のしあわせを祈る華やかなお祭り、というイメージが強いですよね。

実は単なるお祭りではなく、お七夜やお宮参りと同じく、女の子の健やかな成長を願う日本の伝統行事です。

風水では、ひな人形は子どものお守りとなってくれるもの。それだけに、飾り方は重要です。

■ひな祭りの正しい祝い方を知っておく必要がある

日本には昔から伝わる四季折々の伝統行事がありますが、3月3日のひな祭りもそのひとつです。

3月3日は正確には「上巳(じょうし)の節句」(別名:桃の節句)といい、女の子の誕生や成長をお祝いする日です。

元々は高貴な生まれの女の子の厄除けと健康祈願として始まった桃の節句が、いつの間にか庶民の間にも定着して行ったと言われています。

そのため、雛人形は、赤ちゃんに降りかかろうとする災厄を、代わりに引き受けてくれる守り神のようなものなんですね。

そんな古くからの伝統行事だからこそ、きちんと守らなくてはならないマナーがあるんです。ここでは、ついついやってしまいがちな "ひな祭りのタブー" をご紹介しましょう。

■雨の日や夜飾ると運気が下がるかも

ひな人形は、子どもの身代わりとなり、陰の気を持つ病気や身に降りかかる災難などを引き受けてくれるお守りです。

陰の気が強い日に飾ると、子どもの陰の気を吸収する力が弱まり、病気や事故、ケガなど身の危険を振り払いづらくなってしまいます。

■「一夜飾り」は避けた方がいい

遅くとも3月3日の1週間前までには飾りましょう。前日に飾るのは一夜飾りで縁起が良くないとも言われます。

なぜ、縁起が悪いかと言うと、 一夜飾りはお葬式をイメージ させてしまうそうです。 お葬式も一夜飾りですよね・・・.

余裕を持って飾り、お雛様を楽しみましょう。 初節句では、長くゆっくりと楽しみたいという気持ちで、早く飾っても良いですね。

■東南に飾らないと良縁に恵まれない?

1 2