1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

まるで絵本の世界♪一度は行ってみたいカラフルな「おとぎの国」

行ってみたい、まるでカラフルな絵本のような世界!

更新日: 2020年02月23日

18 お気に入り 15303 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

行ってみたい!

naokana135さん

まるで絵本のようなカラフルで色鮮やかな街並み

◇「甘川洞文化村」韓国

山肌にカラフルな家々がびっしりと建っていて、その美しい風景から「韓国のマチュピチュ」と呼ばれています。

山の斜面に家が立ち並ぶ様子や歩道が入り組んだ迷路のような景色が美術家や写真家たちから注目されるようになり

村中のいたるところでオブジェや壁画などのアート作品が楽しめる人気の観光スポットで、映画などのロケ地でも使われています。

◇ コスタ・ノヴァ「ポルトガル」

ストライプ模様に塗られたカラフルな建物が、まるで可愛さを競い合うかのように建ち並んでいます。

また、建物がボーダー柄のパジャマを着たように見えることから、通称 “パジャマシティ”とも呼ばれています。

この地方は霧が多く漁に出た漁師が海上から自分の家を見つけられるように、目立つような大柄なストライプ模様を外壁に施したとか・・・

最も伝統的な色の家は赤茶色と黒のストライプで、この柄の建物は、漁具等の倉庫として使われていたそうです。

◇ ブラーノ島 「イタリア」

ブラーノ島はイタリアのヴェネツィアにある島の1つで、カラフルな街並みと漁業やレース編みが大変盛んな島です。

ブラーノ島は霧が出やすい地域であり、海に出た漁師が帰って来た際に家をすぐに見分けられるようにペイントしたからと言われています。

昔はイタリアから色を統一するように指定されたそうですが、ブラーノ島の人々が個性と伝統を守ろうと断固拒否して、現在のカラフルな島が出来上がったというわけです。

ブラーノ島は、繊細で美しい「レース編み」が有名です。15世紀、16世紀から特産品として名物となり、今でも高級品として取引されています。

1 2