1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

日本で徐々に広がりを見せつつある「新型コロナウイルス」

中華人民共和国湖北省武漢市で昨年(令和元年)12月以降、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生が報告されて以来、日本をはじめとして世界各地から報告が続いています。

そんな中、全国各地で休園する施設が増えていた。。

東京三鷹にある「ジブリ美術館」は来月3月17日まで

三鷹の森ジブリ美術館は、2月25日(火)から3月17日(火)まで臨時休館することに致しました。

今後の3週間を拡大防止の重要な期間として位置づけ、市主催の大規模なイベント等について、延期又は中止する方針が発表されました。これを受けて、三鷹市と協議の上、休館を決定させていただきました。

来館を楽しみにされていた皆さまには申し訳ございませんが、今後も状況を注視しながら対応を進めてまいりますので、HPでご確認いただければと思います。

なお、2月、3月分のチケットを事前予約されている方には、チケットの「払い戻し」を行ないます。手順につきましては改めてお知らせいたしますので、少々お待ちください。

大分県にある「ハーモニーランド」は臨時休業

九州初となった福岡市での新型コロナウイルスの感染確認は、22日からの3連休で大勢の集客を見込んでいた娯楽、商業施設に影響を与えた。

テーマパーク「ハーモニーランド」(大分県日出町)は臨時休園を決め、商業施設のイベント中止決定も相次いだ。

同じく東京多摩にある「ピューロランド」は来月3月12日まで

サンリオエンターテイメントは21日、感染拡大を防ぐため、ハーモニーランドと「サンリオピューロランド」(東京都多摩市)を22日から3月12日まで臨時休園すると発表した。

ハローキティなどのキャラクターが人気の両園ではスタッフのマスク着用など感染防止対策を行ってきたが、来場者と従業員の安全を考慮し、臨時休園を決定。

休園期間中に期限を迎える入園チケットは9月30日まで有効期限を延長する。3月13日以降の運営は「感染状況などを見極めた上で検討する」という。

2月23日に行われる予定だった天皇誕生日の一般参賀も中止に

宮内庁は、今月23日に予定されていた即位後初めての天皇誕生日の一般参賀について、新型コロナウイルスの国内での感染拡大を考慮して取りやめることを決めました。

今月23日は即位後初めての天皇誕生日で、天皇陛下が皇后さまをはじめ、皇族方とともに午前中3回、皇居 宮殿のベランダに立って訪れた人たちの祝意にこたえられ、午後には記帳による参賀も行われることになっていました。

しかし宮内庁は、国内で新型コロナウイルスの感染が拡大し、政府が高齢者などに人混みを避けるよう呼びかけている状況などから、一般参賀の取りやめを決めました。

宮内庁は「天皇陛下が国民から祝賀を受けられる大切な行事なので残念だが、多くの人たちが1か所に集まって接近することなど、一般参賀の特殊な状況を考え、慎重に検討したうえで取りやめることにした」としています。

イベントも続々と中止に。。

福岡県北九州で開催予定だった「西日本釣り博2020」

『西日本釣り博2020』開催中止のお知らせ 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、 展示会場での対応策を検討して参りましたが、 ご来場者・ご出展者・関係各位の健康・安全面への 影響を第一に考え、断腸の思いではございますが、 開催を中止させて頂きます。

1 2