1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【悲報】ブルックリン出身のラッパー Pop Smoke が20歳の若さで死去

ニューヨークのブルックリン出身で、20歳だった。強盗によって侵入されて、銃撃によって殺害されたという。

更新日: 2020年02月23日

3 お気に入り 4006 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuukin1130さん

ポップ・スモーク

「Dior」や「Welcome to the Party」などのヒット・シングルで人気急上昇中だったNYブルックリン出身のラッパー

ニューヨークのブルックリン出身で、本名をブシャール・バラカ・ジャクソンというポップ・スモークは20歳だった。

ポップ・スモークは『Welcome to the Party』のヒットで有名となり、同曲のミュージックビデオには米国女性ラッパーのニッキー・ミナージュが出演していた。

2月19日の早朝に2人から6人の男から銃撃を受け死亡

ポップ・スモークは、米ウェスト・ハリウッドのシーダースサイナイ医療センターに救急搬送され、死亡が確認された。

今回の殺害現場は、「RHOBH」のスターであるテディメレンキャンプと、ロサンゼルスにいくつかの家を所有する夫のエドウィンアロヤーブによって所有されており、 Pop Smokeはこの家を借りて住んでいたようです。

え!ポップスモーク射殺されたの? 才能ある若手ラッパーが命を落とす事件が多すぎて残念。 twitter.com/bossip/status/…

え、それはやばいて、え、 ポップスモークまじか、 テンタシオン死んだ時以来の喪失感やねんけど

ポップスモークの死がショックすぎる… 最近では一番好きなラッパーだったのに pic.twitter.com/ZGOzpg3Eql

朝からポップスモーク射殺されたって……多すぎるよ……

今月リリースした新アルバム「Meet The Woo2」

全米公式アルバムチャート「Billboard 200」で最新アルバム『Meet the Woo 2』が7位を記録したことを祝い、ポップはこの日幾つかのプレゼントを受け取っていた

ラッパーの死亡連鎖が怖すぎる・・・

カリフォルニアからシカゴに到着したジュース。目撃情報によると、彼は空港を歩いている途中に発作を起こし、倒れたと言われている。救急隊員が駆け付けた際には、口から血を流した状態であったとも報じられている。

所持していた処方鎮痛薬を警察の目から“隠す”ため、一度に度を越えた量の薬を摂取。直後に発作を起こし、救急隊が約40分間にわたって心肺蘇生を試みたが、搬送先の病院で死亡が確認された。

二十歳前後の有望株が、また犠牲に・・ XXXといい、ジュースワールドと何かと続く⤵️ 変な連鎖にならない事を祈る twitter.com/HIPHOPstation2…

12月はジュースワールド 先月はコービー そしてPop Smoke 最悪の3か月や、もうやめてくれ

自身の店の前で銃撃され、亡くなったと報じられた。最低でも6回は撃たれたと報道されており、救急隊員が到着してからの騒動などが動画でも投稿されている。

警察はニプシーの殺害が個人的な動機によるものでギャング絡みではなかったことを強調し、暴力の連鎖を防ごうと警戒していた。

車の中で撃たれているウォポさんともう1人の男性を発見。車は道路の真ん中で止まっており、複数回にわたって衝突された形跡が見られたという。

1 2