1. まとめトップ
  2. おもしろ

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

ネコがトレードマークの「クロネコヤマト」さん

ブランドマークの親子猫マークは、1957年、当時のアメリカのアライド・ヴァンラインズ社のマスコット・マークを見て共鳴した小倉初代社長が同社に許可を得て、当時のヤマト運輸広報担当者がデザインを担当したが、その担当者の長女(当時6歳)がそれをモチーフに画用紙に書いた絵を原案とした。

荷物を運ぶトラックはもちろん、猫が入って遊べる『ダンボール製クロネコヤマトのトラック』を販売したりと、さまざまな工夫を凝らして猫好きな人々の心をとらえています。

さすがクロネコヤマトさんの駐車場

ついこの間まで普通だったクロネコヤマトの駐車場が猫仕様になってたの巻 pic.twitter.com/4vW9Qk8mF4

え??クロネコヤマトの営業所行ったら黒猫が駐車場にいたんだけど飼ってるわけではないよね???www

クロネコヤマトさんの端末が鳴った瞬間、すれ違った犬に吠えられててちょっと微笑ましかった

宅急便コンパクトにも工夫が!

宅急便コンパクトを開ける時、とにかくこれが楽しみ♪ ヤマトさんセンスいい。 pic.twitter.com/wMPrAL4re5

@SEGA_OFFICIAL ヤマト運輸の黒猫は親猫が子猫を咥えて運ぶくらい大切にという思いで決めたそうですよ

@iga0000 そうなんですね!この箱、届いて開けるたびに嬉しい気持ちになります。

ウォークスルーボックス

街のあちこちで見かけるおなじみの宅急便ウォークスルーをデザインした大型ダンボール。人気商品です。

ウォークスルーボックスをキャットハウスに!

クロネコヤマトの段ボール…リアル「猫の宅急便」!! クロネコヤマトのキャットハウス完成*\(^o^)/* pic.twitter.com/ZzS9zkPOd0

このハコの白い窓を全てくり抜いてボンネット周辺を切り貼りすると、車型のキャットハウスに早変わり!

まーたん、ホントごめん! ヤマトトラックの屋根、 カットしてしもーたー! 完全に失敗(^^;; それでも入ってくれてありがとね! #ヤマト運輸 #ウォークスルーボックス pic.twitter.com/xQkzu2eikg

ヤマトで取り寄せしてウォークスルーボックス買ったのずっと無視してたくせに、気がついたら入ってて窓からこっち見てた pic.twitter.com/bAnb7NNitd

(,,ー́ 艸 ー̀,,)ふへへ❤ 黒猫のウォークスルーボックス、ゲトしたお。 もうちょい綺麗に切ったら良かったんやけど…しずが箱に手を出すんで、しずから箱を守りつつ急いで切ったんすwww pic.twitter.com/piadlVhVgh

1 2