1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●悩む人も増加している「親子問題」

昨今、日本で問題となっている日本特有の親子問題に端を発した数々の事件や社会問題。

教育熱心過ぎる親がつい子供を厳しく叱りすぎてしまったり、過度な期待を背負わせてしまったりということならよくある話。

・がんばっているのに上手くいかないのは“共依存”の問題?

ある程度はお互いを頼りにしているということですが、なかにはそれが度を越して、いわゆる“共依存”と言われる関係に

●そもそも「共依存」とは?

依存的な親から依存されることに慣れてしまい、自らも「依存されている立場に依存」するようになる。

依存してもらえないと不安になるのだ。このような人間関係を心理学用語では「共依存」と呼ぶ。

●「共依存」の主な事例

・面接の服装チェックや会場への行き方の指示

就活でも、LINEで母親に面接の服装チェックや会場への行き方まで指示してもらう学生がいるという

今、大学生が急激に幼児化しているんですよ。入学式だけでなく、履修届の説明会にも親が出席する

・母親とSNSで“仲良しアピール”

「昨日、一緒に買い物に行ったんすよ。普通に仲いいっすね」「タピオカ飲みに行く。多分、デート、みたいな」(いずれも18歳の男子高校生)。

「家を出るまで、1週間に1回くらいは一緒に風呂に入ってたかもしんない。30歳になっても。みんな入らないって言うのが、正直よくわかんなくて。リラックスして話せるからよくない?って思う」。

・買い物に行くときも基本的に母と行く

別々に暮らしているが、買い物に行くときも基本的に母と行き、意見を聞いて買うので、私は依存していると思う。

母は母で、毎日私の帰り時間や朝起きれたかを確認するので過保護だとは思う。(20代前半)

・中には、こういったエピソードも‥

女性経験のない息子を母親自らが連れてきたという。「“ちょっと自信をつけてあげてくれないか”という感じで“うちの息子をよろしくお願いします”と」。さらに母親は個室にも同伴

1 2