1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
5 お気に入り 18744 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■冬型の気圧配置となっている日本列島

天皇誕生日の23日(日)は北海道付近で低気圧が発達して強い寒気が南下し、西高東低の冬型の気圧配置となっている。

■北海道や東北などで大荒れの天気に

予想最大瞬間風速は、北海道の日本海側南部や太平洋側西部で35m、北海道のそのほかの地域と東北で30m。

日本海からは雪雲が次々と流れ込んでおり、暴風雪に警戒が必要で、猛ふぶきや吹きだまりにより交通へ影響が出る恐れもある。

■同時に「スギ花粉」の飛散も本格化している

東シナ海にある高気圧が東へ移動するため、振替休日の24日(月)は、冬型の気圧配置が緩んで全国的に晴れる予想。

最高気温も平年並みか高い所が多くなり、関東から九州では「スギ花粉」の飛散が一気に増える見込み。

■今シーズンは例年より早く飛散が開始

昨日の春一番と今日の冬の季節風で関東全域で花粉が大量飛散。今年一番の飛散数になる見込みです。 weathernews.jp/s/topics/20200… pic.twitter.com/jPJuoGskgL

株式会社ウェザーニューズによると、2月5日までに関東南部から東海、近畿南部、中国、四国、九州北部の1都14県で基準を超える花粉を観測。

関東では平年並、東海や九州北部などでは平年より5日~10日前後早い「花粉シーズン」に突入と発表した。

■飛散が早まったワケ

今冬は寒気の流れ込みが弱く、記録的な暖冬となって平年より気温が高い日が多かったため、花粉の飛散シーズンも早まったという。

■花粉の飛散量&ピーク予想

飛散量は全国的に少なめ

昨年夏は、梅雨が長引いて降水量が多く、日照時間が少なかったため、雄花の成長が進まず、全国平均で平年の85%程度になる見込み。

スギは2月中旬~3月中旬、ヒノキは3月中旬~4月中旬がピーク

洗濯物を取り込んで畳むだけでクシャミ連発、どう見ても花粉ですちょうど今はスギがピークなのか。 pic.twitter.com/4Cll6aHjdf

1 2