1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

攻殻機動隊OP曲も…KingGnu常田「ミレニアム・パレード」に注目!

King Gnu(キングヌー)の常田大希(つねただいき)さん率いるmillennium parade(ミレニアムパレード)が手がけたNetflixアニメシリーズ「攻殻機動隊 SAC_2045」のOPテーマ「Fly with me」が4月22日に発売されることが発表に。今後話題を集めそうです。

更新日: 2020年03月03日

8 お気に入り 8568 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

2020年、最注目バンドの一角

2019年末には『紅白歌合戦』へ初出場を果たす。

2020年の『CEREMONY』までアルバム3枚をリリース。

ロック、ヒップホップ、ジャズ、ファンク、現代音楽などの要素が有機的に配合された“トーキョー・ニュー・ミクスチャー”と称される彼らの音楽スタイルは、まさしく唯一無二。

同バンドの中心人物、常田大希(つねた だいき)

東京藝術大学音楽学部器楽科チェロ専攻に進学するが、「社会と結びついた音楽をしたい」という理由で中退。

クラシック、ジャズ、ビート・ミュージック、ヒップホップなどあらゆる音楽を呑み込んだサウンドを鳴らす鬼才、常田大希。

映画やドラマの音楽監督や、Adidas、New Balance×Chari Co、Beams、Nume?ro×Emporio Armani などへのファッションフィルムの楽曲提供、アメリカ版Pokemon、血界戦線といったアニメーション作品への参加など、活動は多岐に渡る。

その常田大希によるソロ・プロジェクト

(ミレニアム・パレード)

常田大希(King Gnu)がクリエイターレーベルPERIMETRONと共に展開するプロジェクト、millennium parade

デジタルネイティブなミレニアル世代を中心としたミュージシャン、映像ディレクター、CGクリエイター、デザイナー、イラストレーター等々、様々なセクションを内包した気鋭のクリエイティブ集団。

王道のロック・ポップスを志向する(という言い方も語弊があるが)King Gnuに対して、常田が所属するクリエイターチーム「PERIMETRON」と一体となって音楽・映像・空間演出などをプロデュースする

クリエイターチーム「PERIMETRON」が手がけるMVも秀逸

常田大希自身が手掛けたトラックに、Black Boboiの”ermhoi”によるAIとの会話を描いたようなSF的英詩のLyric&Voが載るNeo Tokyo的エレクトロチューン。

字幕 嬉しいな意味がわかる けど敢えて歌詞消してみてみたり… 映像の哀しさ。 バキバキだね♪ millennium parade - Veil youtube.com/watch?v=5lqLU6… pic.twitter.com/sDL7uwB2Vu

millennium parade – Plankton

「音楽の構造の面白さを追求することは、求められているか否かに関わらず考えるべきこと」と語る常田ならではの、徹底して緻密にデザインされた音像に加え、

「人の心や、大切な思い出に寄り添うことを意識した」という本作は、繰り返し観ることで発見がある作品となっている

millennium parade – Stay!!!

「Stay!!!」は、常田が“唯一無二の歌声”と尊敬するCharaをボーカリストに迎えた楽曲

常田が東京藝術大学在学中、文化祭の展示で始めて作品を目にし、衝撃を受けたというアニメーターのkoyaをフィーチャーしており、millennium paradeとしては初の実写とアニメーションの作品に。

millennium parade "lost and found"

新曲「lost and found」はDIORとmillennium paradeによるコラボレーション・ムービーに書き下ろした楽曲で、常田自身も"今までで一番いい曲が書けた。あ、今のところね(笑)"と語っている。

さらに、アニメ「攻殻機動隊」シリーズ最新作OPテーマも

1 2