1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

スケボーキングは10年ぶり…あの音楽グループの再始動が嬉しすぎる

10年ぶりにオリジナルメンバーでの復活を発表したスケボーキング(SBK)をはじめ、F-BLOOD、LINDBERG(リンドバーグ)など、久々の再始動が話題の音楽グループ(ユニット)をまとめてみました。

更新日: 2020年02月25日

4 お気に入り 6111 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

スケボーキング(SBK) 10年ぶりにオリジナルメンバーで復活

10年前の解散時と同じ、SHIGEO、SHUN、SHUYA、MASHの4人のオリジナルメンバーでの再始動する。

スケボーキングは、2000年1月にインディーズベストアルバム「スケボーキング SUPER BEST」でメジャーデビュー。

ヒップホップとロックを中心に、ハウス・テクノ・エレクトロなどの様々なジャンルを独自のセンスとユーモアで巧みにミックスし、ミクスチャー・シーンの代表的バンドとして活躍

2010年6月、東京・渋谷AXでのデビュー10周年ライブを最後に解散した

スケボーキング復活か。カッコ良かったもんな。ライブ行きたい。

う、うわぁぁァァァあーつ!!ええあえええけええええええええけけええええええええ!!スケボーキング …フゥッカァァツ!震えとる。震えとるよー

3年ぶりに再始動し、新作をリリース

1983年から1992年に活動した男性7人ポップスバンド・チェッカーズのメンバーで、実の兄弟である藤井フミヤと藤井尚之のユニット・F-BLOOD

大島賢治をサウンドプロデューサーに迎えた本作には、バンドサウンドにこだわった全10曲を収録。全楽曲の作詞をフミヤ、作曲を尚之が手がけている。

『最後の晩餐』F-BLOOD NEW ALBUM「Positive」より

デビュー30周年を迎え満を持して再始動、新曲&ツアーも

渡瀬マキ(vo)、平川達也(g)、川添智久(b)、小柳昌法(ds)の4人で結成されたポップ・ロック・バンド。

ドラマ主題歌となった「今すぐKiss Me」でブレイクし、以降「BELIEVE IN LOVE」「恋をしようよ Yeah! Yeah!」などヒットを連発。

惜しくも2002年に解散。その後2009年の20周年に、1年間の期間限定で再活動を行い、そして2014年の25周年の際に『Re:LINDBERG』と銘打ち、ファンへの“音返し(おんがえし)”という形でバンドは完全復活

2018年4月にボーカルである渡瀬マキの体調不良(機能性発声障害)により、やむを得ずバンド活動は休止となっていた。

新曲となる「~種~」は、作詞を渡瀬マキ(Vo)、作曲を平川達也(G)が手がけるミディアムテンポの力強い楽曲で、休養中の渡瀬が再始動に向けて気持ちも身体も浮上させていくイメージで作られた。

1 2