1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

漫画『AKIRA』の予言に驚き…IOC委員が東京オリンピック中止を検討か?

漫画『AKIRA』で看板には「中止だ」と落書き。東京オリンピック開催から147日を逆算すると2020年2月29日になる。

更新日: 2020年02月26日

19 お気に入り 138590 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

IOC委員が新型コロナウイルス肺炎で東京五輪の中止に言及した

2月25日のAP通信が報じた。

パウンド氏は新型ウイルスについて「実際の戦争状態を除けば、五輪にとって最も大きな脅威だ」とし、「これは一種の新たな戦争シナリオ」だと指摘した。

ウイルス感染収束のデッドラインが東京五輪開幕の2か月前となる5月24日前後と語り、事態が収束できていない場合は「中止を検討するだろう」との見解を示した。

「準備期間が短いので、他都市での代替開催はむずかしい」「数カ月の延期は、放映権を持つ北米放送局が理解しない」とも述べた。

安倍政権が遂に本気に!イベントの中止・延期を要請

2月26日に決定。今までは厚生労働大臣は「自主的な判断」に任せていた。

政府は新型コロナウイルス対策会議で、スポーツや文化イベントについて今後2週間は延期や中止、規模縮小を要請することを決定しました。

27日から入国申請前の14日以内に、韓国南部のテグとキョンサン北道チョンド郡に滞在歴のある外国人については、特段の事情がないかぎり、入国を拒否する措置を取ることを明らかにしました。

ジャニーズ事務所は25日、公式サイトを通じて27日から3月9日までのジャニーズグループ主催公演などを延期および休演とすることを発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた措置。

東京オリンピックの中止に関して様々な声

カナダのIOC委員が、東京五輪開催の可否判断の期限は5月下旬になると発言。大きなニュースだ。収束してない場合は中止を検討し、順延は難しいと。おそらくこのカナダの委員の発言、バッハの代弁だろう。デッドラインを設定された。日本で3か月後に収束は難しいと思う。mainichi.jp/articles/20200…

頑張って東京五輪決行するだろうという前提でみんな(中止すべきだと考えてる人も含めて)考えてそうな雰囲気だけど、決めるの日本じゃなくてIOCですからね。東京都がどんなにキレ散らかしてもマラソン札幌移転を決められてしまったように、今後流行が拡大し長引いたらマジでどうなるかわからんよね。

オリンピック興味ない人間からすりゃ何処で開催しようがそそられるもんないし、東京の #オリンピック中止 になってもなんとも思わんし、交通機関やデジタルに影響出るぐらいバカ外人が沢山来るぐらいなら中止にして平穏な夏を過ごさせてくれ。

五輪開催出来ると言う人達の想像力無さ過ぎ。 IOCは放映権料貰いたいから無観客でもやろうとするだろうが、日本の状況は今後悪くなる一方。 五輪どころか入国禁止となることに備えなくてはいけない。仮に直前で収束しても選手は来るまい。 #新型コロナウィルス #オリンピック中止

この流れは漫画『AKIRA』の予言に似ている

東京オリンピック開催から147日を逆算すると2月29日になる。

『AKIRA』は講談社の青年マンガ誌『週刊ヤングマガジン』1982年12月20日号より連載が開始された。いまから36年前のことだ。

近未来の東京を舞台に超能力者や暴走族、軍隊、ゲリラたちの戦いを描く。

『AKIRA』の舞台は1982年に新型爆弾により崩壊したネオ東京で、作中、東京オリンピックはネオ東京の復興と再生をアピールするために開催されるという設定になっている。

東京五輪2020は2011年の東日本大震災からの復興をアピールする目的もある。

東京オリンピックまでのカウントダウンを行う看板が映るワンシーンがあるが、その看板は「紛砕」「中止だ中止」といった落書きで汚されており、オリンピックの開催が国民的支持を得られていないことを暗示する描写がなされている。

TwitterではAKIRAの予言が怖すぎる…

漫画の中に「WHO、伝染病対策を非難」という文言が出ている。新型コロナウイルスのことか?

1 2