1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

国内でも確認…新型コロナは「再感染」する?

未知のウイルス…恐ろしいですね。

更新日: 2020年02月27日

4 お気に入り 11598 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■感染拡大に歯止めがかからない「新型コロナウイルス」

中国本土での累計感染者は7万8064人、死者は2715人も、湖北省以外の新規感染者は減少傾向に。

一方で、中国以外で感染が急拡大しており、これまでに40の国と地域で3000人以上の感染者が報告されている。

■日本では…

当初は武漢から入国した人を中心に感染者が発生していたが、2月13日以降は、渡航歴などがない「感染経路が不明な感染者」が相次いで報告されるように。

クルーズ船の乗員乗客やチャーター機で帰国した人を含め、これまでに894人が感染、7人が死亡。

政府は「この1~2週間が感染拡大防止に極めて重要」とし、大規模イベントの中止や延期、規模縮小を要請すると発表している。

■そんななか、非常に心配なニュースが

大阪府は26日、新型コロナウイルスに感染した後、いったん検査で陰性となった大阪市の40代の女性バスガイドが、再び陽性になったと発表した。

■詳細

1月29日に感染確認→2月1日に退院→6日に陰性確認

大阪府によると、女性は武漢市からのツアー客を乗せたバスに乗車し、1月29日に感染が確認されたため、府内の医療機関に入院。

19日に喉の痛みなどを訴え、26日に再び「陽性」に

しかし、19日になって喉の違和感と胸の痛みを訴え、入院していた医療機関を複数回受診。

26日にPCR検査を行った結果、再び「陽性」と判明し、再入院しているという。

なお、退院後は毎日マスクをつけて自宅で静養しており、濃厚接触者はいないとのこと

■このようなケースは中国でも報告されている

「治療後に退院した患者の14%が再び陽性に」

中国・広東省の衛生当局は25日、治療後に退院した患者の14%から再びウイルスの陽性反応が出ていると発表。

そのうえで、「再び陽性と確認された人が感染源になり得る」とし、退院した人への経過観察を続けていることを明かしている。

■通常、体内に抗体ができて再感染の可能性は低くなる

通常、ウイルスに対抗する抗体は3~4週間で体内に生成され、抗体ができると、その後は再感染の可能性は低くなるとされる。

ただ、非常に変異しやすい一部のウイルス(例えばC型肝炎ウイルスなど)は、体内の免疫保護が変異のペースに追いつかないため、再感染する可能性はある。

1 2