1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

災害はいつ来るかわからない…

いつ起こるかわからない自然災害だからこそ、防災グッズはふだんから備えておきたい。

最低限3日間、生き延びることができる生活用品が必要だといわれています。飲み水や食料はもちろん、携帯トイレや懐中電灯、防寒服など生活に欠かせないものを揃えましょう。

100均で揃えられる「防災グッズ」

そして今は防災グッズをバッグにまとめるブームが来てみんなで100均であーだこーだ言いながら買い漁りました 備えあればうれいなし✨ みんなでつくろう防災バッグ

こないだ火災報知器なった時何も準備できなくて焦ったから防災グッズを100均で集めようと思う

みんなマスクばっかりに目がいってるけど、 あと一ヶ月もしたら3.11だよ? 100均行っても防災グッズのかけらもない。 あまりにも忘れすぎやん マスクや消毒薬はそんなにいらんやろ。 防災のこと、忘れんといてよ✨

懐中電灯、ライト

なんかランタン増えたなあ 防災グッズとして100均から始めて定番ジェントスまで ジェントスのは最大1000ルーメンのモデルなので、まあ普通に本とか読める pic.twitter.com/vGjrsBIytf

停電時は想像以上に真っ暗。明かりは作業や防犯対策のためにも必要ですし、なにより安心材料になります。

LEDやソーラーライトなど、いろいろなタイプをそろえておけば、停電が長引いてしまったときにも役立ちます。

ろうそくとライター、乾電池

#防災グッズ 新型コロナウイルス発生、異常暖冬、 今日の1時頃の千葉地震など色々発生しています。 普段から天災には備えておきましょう。 スマホ充電器の電池式はコジマ電気で 約¥1,000で売っていました。 キャンドルと小型の蓋付きガラスは 100均seriaです。 役に立つと思います。 pic.twitter.com/mrGTntfiTC

懐中電灯が壊れてしまった際にはろうそくが使えます。ろうそくに火をつけるライターは必ず常備しましょう。外で暖をとる必要やごはんを温めるための火起こしに必要。

予備の乾電池はマストアイテムです。懐中電灯やラジオの電池が切れてしまった際に利用することができます。また、乾電池で充電するタイプのスマホ充電器を一緒に入れておくと安心。

給水バッグ

非常用給水バッグ5ℓ 100均ショップ「セリア」で購入したものになります。 ダイソーなど他の100均ショップでも売ってます。 pic.twitter.com/anbOH2oHGY

ダイソーにはバッグ型のものもあれば、折りたたみ式の水タンクもあります。どちらも場所をとらず、軽いので持ち運びに最適です。ウォーターボトルなどで代用しても。

簡易トイレ

【100均でそろう防災グッズ】 最近、朝や夜は寒くなってきましたよね?もし防寒グッズが無い時は、保温シートの出番‼️羽織るだけで暖を取れます☀️ 断水時にはトイレが使えない‼️そんな時は簡易トイレ水なしでも使えます! #台風対策 #台風19号 pic.twitter.com/sFoQ2UfQO3

下水管が破損している可能性があるため、安全が確認されるまではトイレは流さないようにしたいもの。非常用トイレなどを用意しておき、衛生を保ちつつ、過ごせるように心がけましょう。

トイレは1人1日7~8回。簡易トイレはたくさん用意しておきたいもの。男女兼用、男女別などもあるのでチェックして購入しましょう。

防災グッズ★簡易トイレを準備しよう! 断水したら、トイレは使えなくなりますよー ペットシートと空き箱で簡単に作れます!しかも安い! (ペットシートは100均、コンビニ、ホームセンターなどどこでも売ってます。) 使用後の手洗いの代わりに、おしり拭きが安くておススメ! (おしりもふけます(^-^) pic.twitter.com/OzSbQ7tlrO

救急箱グッズ・薬

怪我をしてもいつ手当をしてもらえるかわからないので救急箱セットは必ず準備しましょう。傷口が化膿してしまうと大変です。

絆創膏、包帯、消毒薬の三点は必ず入れましょう。絆創膏と消毒薬は傷口の化膿や炎症などを防いでくれます。また、包帯は怪我や骨折の際に必要となります。

1 2