1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

次は誰から徴収…?JASRACの勝訴で音楽教室から著作権使用料を徴収へ

JASRACが音楽教室から著作権使用料を徴収する方針を公表。東京地裁がJASRACの徴収権限を認める判決を下した。

更新日: 2020年02月28日

4 お気に入り 11006 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

JASRACが音楽教室から使用料を徴収する方針

2003年以降、著作権使用料についてヤマハなどの音楽教室側に協議を申し入れていたが合意が得られず、17年2月に徴収する方針を公表した。

一方、ヤマハ音楽振興会など音楽教室は「音楽教育を守る会」を結成。音楽教室側は2017年6月、東京地裁に提訴していた。

争点は2つある!

今回の事案の主な論点は(1)音楽教室の生徒が「公衆」にあたるか、(2)レッスンで教えるための演奏が「直接聞かせることを目的」とした演奏にあたるかの2点だと考えています。

著作権法では、公衆の前で楽曲を演奏した場合、楽曲の作曲者や作詞者に「演奏権」があると定められています。

「音楽教育を守る会」の主張では、音楽教室における演奏は、教育目的のために教師と生徒の少人数の間で演奏されるもので、「公衆」に対する演奏ではない。

1対1や講師1名と3~5名程度の生徒で行われるレッスンは公衆に該当しないという考え。
「聞かせること」ではなく、演奏は教育目的であると主張している。

JASRACが勝訴した

2020年2月28日に第一審判決が出た。

東京地方裁判所は28日、音楽教室事業者(音楽教育を守る会)の申し立てた請求権不存在確認の請求を棄却。JASRACの徴収権限を認める判決を下した。

「音楽教育を守る会」会長は「しっかり判決文を読み込んで、(来週の)音楽教育を守る会の総会で、原告としての意思を決める。おそらく控訴ということになると思う」とした。

TwitterではJASRACに不満の声

JASRAC「作家を育てるためにも著作権料を…」って その作家の卵育てる教室を締め上げてるってバカなの??

今こそ何億も溜まった分配保留金を使うべき時なんじゃないですかね、JASRAC様

JASRACと音楽教室の対立は結局JASRACの組織の不透明さが問題なんだよ。権利持ってない曲について請求かけたり、どんな収益構造になってるのかもよく見えない。司法の見識が問われる。

@YahooNewsTopics 問題はJASRACがロビー活動で成立させた著作権法。楽譜を買うと複製権が発生してお金を取られ(通常楽譜代に含まれれてる)、演奏すると演奏権でさらにお金を取られる。この法律は、JASRACが2重取り・3重取りできるように作られてるんだ。今すぐ著作権法の改正を!

次は何から使用料を徴収するの?

2011年4月にフィットネスクラブに対して、レッスンに利用する楽曲の使用料の徴収を開始している。翌2012年4月からはカルチャーセンター、2015年4月にダンス教室、2016年4月にカラオケ教室や歌謡教室など、次々と徴収対象を広げている。

1 2