1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

うわー…新型コロナの影響であのビールが風評被害で苦しんでた

新型コロナが全世界で猛威を振るい始めていますが、その陰であの有名なビールが風評被害を受けて苦しんでいるというニュースが入ってきました。

更新日: 2020年02月29日

4 お気に入り 14339 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■世界中で猛威を振るっている新型コロナ

米国で新型コロナウイルスの感染経路が不明の「市中感染」とされる事例が発生した

イラン保健省は28日、新型コロナウイルスへの感染が確認された人は、前日より143人増えて388人となり、このうち最も感染者が増えたのは首都のあるテヘラン州で、新たに64人の感染が確認されたと発表

(WHO)は28日、新型コロナウイルスが世界全体に及ぼす危険性の評価を最高水準の「非常に高い」に引き上げた

■この新型コロナの蔓延によって、コロナビールが風評被害に苦しんでた

世界各地でコロナウイルスの感染が広がるなか、メキシコのコロナビール(Corona beer)が、風評被害を受けていることが分かった

世論調査で、ビールを飲む米国人のうち「現在はいかなる状況下でもコロナビールを買わない」と回答した人が38%に上った

■もちろん「コロナウイルスとコロナビール」は何の関係もない

「消費者の行動と合致しない誤った情報が、メディアに流通している。」

「世界中の人々の命を奪っているウイルスとつながりを持ちたいブランドなどあるはずもない」

■どうにかして欲しいものだ…

コロナビール風評被害がよく分かんねえわ どっかの飲食店が食中毒とか出してしまって、似たような名前の店が風評被害に遭ったとかならまだ間違えちゃったんやなって思うけど、病気の名前と会社名とか商品名じゃ全然違うやろと思うけど

とんでもない風評被害だよね。 コロナビールは美味しいよ❤️ そんな事言う人達は太陽も見ないで、太陽の暖かさにも触れないでね! https://t.co/riLisevj8w

コロナビールとコロナウイルスは全然関係ないからー! てか、どういう風評被害?これがバタフライエフェクトか…! あー、コロナビール飲みたくなってきた。

■風評被害といえば「中華街」もヤバいことに…

新型コロナウイルスの感染が広がる中、アメリカやオーストラリアなど世界各地の中華街で客足が遠のき売り上げが大幅に落ち込んでいて、SNS上で支援の呼びかけも

シドニー北部郊外イーストウッドにある中華街では、ほとんど人影が見えない。小さな飲食店は客に安心して入店してもらおうと「当レストランは消毒済み!」と書かれた黒板を店頭に置いている

横浜中華街の現状に言及。「客足が想定以上に減っているという声が聞こえている」とし、売り上げが通常の3割ほどに落ち込んだ飲食店もある

■ホテル産業も

全国の旅館・ホテルでは、春節期間の中国からの宿泊客が減少、予約のキャンセルが発生しているほか、日本人の予約のキャンセルも

アパグループの元谷外志雄代表は20日、神戸市内で開いた新ホテル開業の記者会見で新型コロナウイルス感染拡大による事業への影響に触れ、東京都内では客室1室当たりの単価が下落していることを明らかにした

「予約客から『中国人は泊まっているか』と問い合わせがくる。宿泊フロアを換えてほしい、風呂は中国人と分けてほしいなど差別的な要望が増えている」

1 2