1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

本当の知識を求める人へ送りたい…「おすすめビジネス書」

ビジネス本は、直接会って話を聞くことができないような著名人の思想などを、手軽に学べるのが魅力。「おすすめビジネス書」をまとめてみました!

更新日: 2020年02月29日

67 お気に入り 15242 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ビジネス本は、直接会って話を聞くことができないような著名人の思想などを、手軽に学べるのが魅力。「おすすめビジネス書」をまとめてみました!

isaaccさん

○人生に役立つ「ビジネス書」

ビジネス本は、直接会って話を聞くことができないような著名人の思想などを、手軽に学べるのが魅力。

確実に言えるのは、成功者のほぼすべてがバイブルと呼ぶべき一冊を持っていて、それを人生の羅針盤のように使っていることです。

ビジネス書ってたくさんあるけど、一体どれを読んだら役に立つの?と思っていませんか。

「おすすめビジネス書」をまとめてみました!

○the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

あなたは「GAFA」という言葉はご存知ですか?Google、Apple、Facebook、Amazonの4企業を指す言葉です。

世界を掴むものは大物ではなく、素早いものだ。ライバルたちよりも短い時間で進歩することを目指す。

「GAFA 四騎士が創り変えた世界」 を読んでいるのですが、読み応えあってなかなか進みません(笑) ということで、 ライトな本や、読みかけの別の本も並行読みしながら、 少しずつGAFAを攻めていきます pic.twitter.com/mOUHkKD6M5

「the four GAFA四騎士が創り変えた世界」 /Scott Galloway 分厚い難敵だったけどようやく読みきった、、! 難しい内容ではあったが、IT系に興味があったこともあり英語特有の文構成がも面白く読めた。 GAFAってどんなことしてるの?というよりは、企業のビジョンとか行く末を述べていたな。 #読書 pic.twitter.com/O6oyzIn7mo

○FACTFULNESS(ファクトフルネス)

2019年1月に日本語版が発売され、すでに25万部を突破している書籍『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』。なぜ今、この本が多くの人の心をつかむのか?

多くの人々が誤解している世界の真実の姿を紹介するだけでなく「なぜ誤解が生じてしまうのか」を分析して解決策を提示した『ファクトフルネス』。

「事実(ファクト)」に基づいて建設的な議論をするにはどうすればいいかのアドバイスがまとめられ、ちょっとしたハウツー本のように読める

悲観的なニュースを流す朝の情報番組を観て、今こそ、 #ファクトフルネス に考える事が必要じゃないか、と気づきました。 医療が既に崩壊したかのような印象だけど、ほとんどの病院は通常通りだし。 自分は特に、過大化本能・恐怖本能に特に意識を向けていきたいです。 pic.twitter.com/1A4EH3jyxH

ファクトフルネスを開く。統計の真実を理解しつつも、心は簡単には従わないものだ… pic.twitter.com/ICa3iPn9Gw

○SHOE DOG(シュードッグ)

本書のタイトルである「SHOE DOG(シュードッグ)」ということばは、靴の製造や販売、購入、デザインなどに身を捧げる人間のことを指している。

ナイキ創業者フィルナイトの「シュードッグ」を読んで感動したのが去年。その創業の地と、ナイキ本社を訪問できるなんて。陸上部でよかった(ナイキの創業者は陸上ランナー)。。

ナイキのシュードッグ。2回目を読み終える。この中には色々学びはある。同じことはもちろんできないけれど、僕は地方のプレイヤーとして、積み上げ式で見えてきたことを一つ一つ実行していくしかない。とは思っている。 pic.twitter.com/9UPdZRkiaj

○10年後の仕事図鑑

数年後、数十年後には人間のやる仕事は減り、ロボットたちに仕事を取られる。そんな言説がちまたにはあふれていますよね。

1 2