1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

独特の世界観が魅力的!ファンタジー短編集が面白い

ちょっとした空き時間に漫画を読んで楽しんでみませんか。そこでファンタジー系が多い短編集を紹介します。どの短編集も面白いので楽しめるかと思います。

更新日: 2020年04月08日

11 お気に入り 4945 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

神通百力さん

▼藤崎ワールド全開のSFファンタジー短編集

作者:藤崎竜

表題作「WORLDS」他、「ハメルンの笛吹き」「TIGHT ROPE」「SHADOW DISEASE」「SOUL of KNIGH」の5編が収録されている。

ダークでニヒルなストーリー、きれいにまとまろうとしない大胆(?)あるいは緻密な描写。おかげで1ページ1ページががイキイキしているというか躍動感があるというか

▼斬新な発想の短編集

作者:雷句誠

表題作「玄米ブレード」(計三話)、「ユリネ・グレイト」「哀愁戦士 ヒーローババーン」「BIRD MAN」の五編が収録されている。

「玄米ブレード」と「ヒーローババーン」は中々面白かったです。特に「玄米ブレード」はキャラの性格や、主人公の能力等によく凝っていた作品だと思います。

設定の作り込み、キャラの濃さ、ギャグのタイミングなど、さすが人気漫画家だな〜と思いました

表題作「玄米ブレード」の病気を病魔という形で可視化し、日本刀で斬るというアイデアは斬新だと思

▼安西ワールドを堪能できる短編集

作者:安西信行

「CRAZY MANIAX」「ヴァルキリー+♂」「FAIRY SNOW」「FAIRY SNOW2」「迷える子羊~KARATE-JUNIKIE 1994~」(計四話)「D・FUCKER」「娯楽でポン」の計十本が収録されている。

『CRAZY MANIAX』は、自分の描きたいものが素直に描かれた安西先生らしい作品で、とても面白いです!!

▼独特の世界観で描かれるファンタジー短編集

作者:九井諒子

「竜の小塔」「人魚禁漁区」「わたしのかみさま」「狼は嘘をつかない」「金なし白祿」「子がかわいいと竜は鳴く」「犬谷家の人々」の七編が収録されている。

ファンタジーでもあるしSFチックな展開もあるし、真面目な話も笑いもありで、いろんな味が楽しめる短編集です

読み始めてまず、独特な世界観と登場人物の個性に引き込まれます。途中くすくすと笑いながら読み進め、読み終える頃にはにっこり笑顔で満足

▼繊細なファンタジー短編集

作者:笠井スイ

「花の森の魔女さん」「月夜のとらつぐみ」「水面の翡翠」「仏頂面のバニー」「遙かファンティエット」「Story Teller Story [story:01 ERISA]」「Story Teller Story [story:02 NANCY]」「猫とパンケーキ」の八編が収録されている。

とても素敵な短編集。絵の美しさが物語と合っていて引き込まれる

ユーモアと繊細さと誠実さと、時に頑なで危うい真っ直ぐさと。作風の魅力を幅広く捉えていてお勧めです

バラバラのお話なんだけどどの作品も繊細で雰囲気があって短いながら入り込めた。どこか文学の薫りがする上品な作品

1