1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

新型コロナ拡大の裏で「赤い雪」..世界の異常現象がヤバかった!

新型コロナウイルス感染拡大よりやばい!地球の異常気象と現象。

更新日: 2020年03月02日

17 お気に入り 106809 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■南極以外の大陸で感染が広がった新型コロナウイルス

世界保健機関(WHO)は28日、新型コロナウイルスが世界全体に及ぼす危険性の評価を最高水準の「非常に高い」に引き上げた。

中東イランで、政府の発表を大幅に上回る200人以上が死亡したと、イギリスのBBCが伝えた

27日にはブラジルで感染者が認められた。南米でははじめてで、これで南極をのぞく5大陸で感染が広がったことになる。

コロナウイルスが南極以外の全ての大陸に広まったと聞いて連想してしまうのは、やっぱり小松左京の『復活の日』だな。

「南極を除く全ての大陸で新型コロナウイルス感染」それだけ中国が全世界に展開している事実。#tbs #Nキャス #ニュースキャスター

■その南極で20.75度の気温が観測された

南極で、観測史上最高となる20.75度の気温が観測された。南極の気温が20度を超えたのは初めて。研究者が13日、明らかにした。

比較的温暖な20度台の最高気温記録が樹立されたという事実は、地球温暖化に関する懸念を高める可能性が高い

・さらに「赤い雪」が積もる現象も報告されている

そんな南極で、今度は赤い雪が見られたようです。雪はまるで血に染まったかのように見え、何やら、きな臭さを感じます。

「血の雪」の正体は、Chlamydomonas nivalisという学名の氷雪藻(ひょうせつそう)です

藻が熱を吸収するほど雪は溶けやすくなり、雪が溶けやすくなるほど藻が繁殖しやすくなる」という悪循環が生じるわけです。

奇妙な「赤い雪」が積もる現象が南極で報告される #SmartNews 南極が泣いている…(´;ω;`) nazology.net/archives/53157

奇妙な「赤い雪」が積もる現象が南極で報告される | ナゾロジー はいはい温暖化温だn……ッ!? 蓮コラは地球上から撲滅されなければならないので、グレタ教に改宗します。 nazology.net/archives/53157…

■北極ではホッキョクグマの共食いが多発

ホッキョクグマの共食いが増加していると、ロシア・モスクワにあるセベルツォフ研究所(Severtsov Institute)の専門家が26日、警鐘を鳴らした

「幾つかの理由で食料が不足しており、体の大きな雄が子連れの雌を襲っている」と説明。

すべて、人間の所為。。。 北極圏でホッキョクグマの共食いが増加 温暖化とガス田開発の影響か #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

■インドネシアでは先月に続き冠水などの被害に見舞われた

インドネシアの首都ジャカルタで25日、豪雨により洪水が発生し、数十の地区が冠水などの被害に見舞われた

今年1月には豪雨による洪水と地滑りにより、ジャカルタ市内と近郊で70人近くが死亡、数千人が避難を余儀なくされた。

■今世紀末までに現在の4倍の熱帯夜になると報告されている

1 2