1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

見逃してない!?3月発売のおすすめ「邦画」DVD

話題となった「邦画(日本映画)」のDVD・BDが2020年3月に発売。『宮本から君へ』、『惡の華』、『凪待ち』、『最初の晩餐』、『劇場版おっさんずラブ』、『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』。

更新日: 2020年03月04日

2 お気に入り 1460 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『宮本から君へ』

熱血営業マンの七転八倒の記録を描いた新井英樹の原作漫画を、池松壮亮、蒼井優共演で実写映画化。文具メーカーで働く営業マン・宮本浩は正義感が強く超不器用な人間。先輩の仕事仲間である中野靖子と恋に落ちた彼の前にある日、彼女の元彼が現れ…。

『宮本から君へ』鑑賞。何という熱量!!今までにまるで見たことない強烈な傑作!映画版は池松壮亮演ずる宮本と蒼井優演ずる靖子の恋愛物語の後編から構成されていて、内容がかなり異なるものの、あの独特のテンションと熱さはさらに増してました。役者陣の熱量がヤバい!傑作! 評価:★★★★★5.0 pic.twitter.com/rMRn0m3Jx8

宮本から君へ鑑賞。 これはヤバイぶっちぎりで最高だった。あえてネタバレしてから始まる構成にも関わらず中盤から演技の力に完全に持っていかれた。池松くん蒼井優は日本を代表する最高の俳優。真利子監督の新しい風は邦画の未来を背負ってる。傑作! pic.twitter.com/qFEW8t5mAz

『宮本から君へ』鑑賞。原作を初めて読んだ時の高揚感が甦る。漫画史上の残る胸糞悪くなるあのシーンも完全再現。池松壮亮はまんま宮本だし、蒼井優はまんま中野靖子。元・近鉄ブライアントのフルスイングみたいな映画。もうね、大好きなやつです。この圧倒的熱量。EDのミヤジも効きます。傑作。

◆『惡の華』

押見修造の人気コミックを伊藤健太郎、玉城ティナ共演で映画化した暗黒青春物語。中学2年の春日高男は、女生徒の体操着を盗んだ現場を問題児・仲村佐和に目撃される。そのことを秘密にする代わりに、春日は仲村からの変態的な命令に従うことに。

#惡の華 試写会にて鑑賞。イロモノ系のイメージが強い井口昇監督が人間ドラマをど正面から描き切った傑作でした! 特に中村を演じた玉城ティナさんの体当たり演技が素晴らしくて、スター誕生の瞬間を目の当たりにしたような気分になりました pic.twitter.com/3Ih7uVqz0P

#惡の華 鑑賞。 山に囲まれた町で過ごす平凡な青年。ある時、惚れていたクラスメートの女子の体操服を盗んでしまうが、悪魔的女子に目撃されてしまうことから始まる変態破壊劇。 心にある壁を破壊、解放するためには変態にならければならなかった。 伊藤健太郎さん、玉城ティナさん、熱演による傑作♪ pic.twitter.com/V8cmW00XXg

2019年169本目「惡の華」鑑賞 超絶クソムシ大傑作…全ての青春トラウマ人間に捧げる痛いじゃすまないぐらい刺さる残酷青春映画!!本当にこれを井口昇が映画化してくれてよかった…ここまで井口昇の感性が原作とシンクロした映画はないぞ!!玉城ティナがカッコいい…青春映画の救世主だ!!超絶大傑作

◆『凪待ち』

『孤狼の血』の白石和彌監督、香取慎吾主演によるヒューマンサスペンス。毎日を無為に過ごしていた郁男は、恋人の亜弓とその娘と共に彼女の故郷で再出発を図ろうとする。しかし、亜弓が何者かに殺され、郁男は疑いの目を向けられる。

先日、一足先に「凪待ち」鑑賞。白石和彌監督が再び傑作を解き放った。とてつもない優しさに溢れた作品で、家族というものを震災の起きたあの場所でとても尊く描いている。これには涙を堪えきれずボロボロと涙を流してしまった。僕はこの映画に全然関係ないけど多くの人に観てもらいたい映画になった。 pic.twitter.com/JEMRxcRmtc

『凪待ち』鑑賞。なんと言っても、白石作品には意外なキャスティングに思えた香取慎吾の凄さ。底辺ギャンブラーで、狂気的な面もあるどうしようもない男なのに、どこかに優しさがあり、愛らしさを兼ね備えた郁男を好演。キャスト、景観、映像、音楽、非の打ち所がない。傑作。 評価:★★★★★ pic.twitter.com/TT12iHwnrC

香取がギャンブル依存症の主人公を演じた映画「凪待ち」を鑑賞。後半は香取を自分と重ねた俺と両脇の席の知らん香取ファンの女たち、全員で心を一つにして泣いた。今年一の傑作と言える。 pic.twitter.com/Ak7SzF31bZ

◆『最初の晩餐』

染谷将太、戸田恵梨香ら実力派キャストが共演した新たな“おみおくりの物語”。カメラマン・東麟太郎は、父の葬儀のために故郷へ帰って来た。葬儀の準備をする中、母・アキコが「通夜振る舞いは自分で作る」と言い出し…。

『最初の晩餐』劇場で鑑賞。父親の通夜で供される、素朴な料理の数々。一品一品に宿る思い出から、"家族"の在り方を問い掛ける物語の妙味に唸らされるばかり。互いの分かり得ない領域も、培われた絆も優しく肯定する本作の眼差しに胸打たれる。秀作 coco.to/movie/88121

11/1公開の『最初の晩餐』を鑑賞。俳優の並びからして「これは…!」と思っていたけれど、やはり良い。しっとりしたトーンで展開させながらも、湿っぽくならず、心があったかくなる俳優陣の妙演。それにしてもこの秋は、良質な「家族映画」の公開が続くなあ。 #最初の晩餐 pic.twitter.com/ct8o3ZIh2p

#最初の晩餐 鑑賞 父親が最後に遺したメッセージは自分を信じ家族へと託した愛の形。 『家族』とは何なのか、人の愛や繋がりとは何なのかを優しく問いかける物語。 幼少期を演じた森七菜、外川燎、この2人がとにかく最高で主役を食っていた印象。彼らの記憶がこの物語を支配していた。 #まちゃお765 pic.twitter.com/lhVyQ5bc6w

◆『劇場版おっさんずラブ』

人気ドラマ『おっさんずラブ』の劇場版。永遠の愛を誓ったあの日から1年が過ぎ、上海・香港転勤を経て帰国した春田創一。天空不動産東京第二営業所の面々に歓迎される春田だったが、本社のプロジェクトチーム「Genius7」が突如として現れ…。

「劇場版おっさんずラブ」飛行機で鑑賞。面白すぎてずっと肩揺さぶって笑ったわ笑笑 田中圭の芸人並みの顔芸に磨きがかかってた!!#おっさんずラブ

13回目の劇場版おっさんずラブの鑑賞してきた。 何度観ても面白いな…。連ドラもだけど、こんなに繰り返し楽しめる作品を作って頂き感謝しかないです。 初見の友達も面白かったーって喜んでました! #劇場版おっさんずラブ #おっさんずラブ

1 2