1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

コロナウイルスに対する不安を軽減して日々の生活を送るために大切なこと

コロナウイルス関連の報道を見て不安になったり落ち込んだりばかりしないように、少しでもいつも通りの生活が送れるような提案をまとめました。

更新日: 2020年03月02日

4 お気に入り 4077 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

後半部分には不安を軽減し、日本人みんなが少しでも元気になりそうな言葉をたくさん集めました。

■今、日本人が疲弊している

ウィルスという目に見えない脅威は、2011年の福島原発事故による放射線問題と似たような状況を生み出しつつある。社会的孤立や差別、偏見などによって、被爆していない人にも主観的健康感や平均余命の減少がみられた結果が得られている。

インフォデミックは社会を無駄に疲弊させるため、その抑制には情報の送り手だけでなく受け手にも、これまで以上に注意が必要になっている

■危機的状況のもとでは心身の健康度が低下するおそれ

人々の感情は、このような危機的状況のもとでは、極端に走る場合がある。健康を害する行動(アルコールやタバコ、社会的引きこもりなど)や、メンタルヘルスの問題(外傷後ストレス障害やうつ病、身体症状症)、主観的健康度の低下などを来す可能性がある。

■心身が弱っていると詐欺の標的にされやすい

世界的に猛威をふるいつつある新型コロナウイルスの不安や恐怖に乗じて、フィッシング詐欺のメールが出回り始めた。

新型コロナウイルスの話題に乗じて、マルウェアを拡散する動きや、高機能マスクを宣伝する怪しいスパムメール、公的機関から届いたように見せかけたフィッシングメールが見られています。

精神的に弱っているときは、誰でもいいから頼りたいとい気持ちが働き冷静な判断が出来なくなってしまうようです。

■個人レベルで私たちが日々できること

▪家族や友人、信頼できる人と話す

ひきこもりやニート・スネップ状態の生活を送っていると、ストレスの蓄積によって重度のうつ病になる人もいます。

ストレスを感じた時に大切なのは、一人で抱え込まず、周囲の誰かに話してみること。人に聞いてもらうことで気持ちが楽になったり、アドバイスがもらえることもあります。もし、それでもストレスが軽減できなかったり、根本的な問題解決を目指す場合は、思い切って上司本人に相談してみることや、コミュニケーション機会を増やすことで関係改善を図ることが有効です。

▪規則正しい生活をする

生活リズムを崩すことは体調不良の原因になるので、ずっと寝て過ごす休日は絶対に回避しましょう!

▪適度な運動をする

「(Q.子供が外に出られない生活になりますが?)それです、それが1番(心配)。うちは男の子ですしメンタル面もどうしよう。運動不足にもなるし、精神的なものも…」

活動範囲、行動範囲が制限されてしまい家にいるだけだと、テレビやゲームばかりになっちゃう?
それなら、ゲームしながら体を動かすのもいいかもしれません。

YouTube見ながら自宅でこっそりダイエット。簡単なのにマジで効くエクササイズ動画10選。

▪食生活を乱さない

1 2 3