1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

いったいなぜ…?ドライアイスを入れたプールに飛び込み死亡の謎

プールに30キロのドライアイスを放り込み、その後、そのプールに飛び込んだ人々が死亡するというニュースが入ってきました。いったいなぜ?

更新日: 2020年03月02日

2 お気に入り 9335 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています

PINKMOMOさん

■ドライアイス

ドライアイス(英: dry ice)は、固体二酸化炭素の商品名

ドライアイスは、炭酸ガス(二酸化炭素)を固体にしたもので、マイナス78.5℃の極めて低温の物質

昇華によって発生した二酸化炭素蒸気は空気中の水蒸気を凝結させ,それが霧や雲のように見えるので演劇にも用いられる

■このドライアイスを30㎏プールに放り込んだ

ロシアの首都モスクワで開かれた著名インスタグラマーの誕生日パーティーで、特殊効果を狙ってドライアイス約30キロがプールに投入

エカテリーナさんはSNSで薬の効果的な使用方法などをわかりやすく解説して人気を集めており、事故当時は動画の撮影も行われていた

■そこで悲劇が起こってしまった

事故当時はサウナで火照った身体を冷やそうと数人がプールに飛び込んだが、すぐに苦しそうにむせ始め意識を失った者もいた

命を落とした3人はプールの中に飛び込み、二酸化炭素中毒で酸欠に陥り窒息死したとみられているが、化学熱傷を負っていたとの情報も

■死因は酸欠及び化学熱傷とみられている

ドライアイスは炭酸ガス(二酸化炭素)を固体にしたもので、換気のできない室内で使用すると酸欠の原因になる

ドライアイスが昇華して発生する二酸化炭素(炭酸ガス)は空気より重く、低い場所に滞留し、高濃度になり易い

水面に二酸化炭素がたまっていた可能性も。

ドライアイスは空気中ですぐに気体化し、その体積が約750倍に膨張します

一気に二酸化炭素濃度が増すという恐れがあります。

■以前はアメリカでも事件が

米ワシントン州ピアース郡で、アイスクリーム販売業者の車の中にいた女性2人が意識不明の状態で見つかった

女性はドライアイスを車の後部座席に置いていたことが発覚し、発生した二酸化炭素によって酸欠となったことが死因とみられている

「(ドライアイスの)煙がクーラーから漏れ出した」と説明。車は換気が不十分だった可能性があると指摘

■ドライアイスの煙は絶対に吸い込んではならない

たとえ酸素が大気中と同等程度含まれていても、二酸化炭素が呼吸中枢に毒性を示すために自発呼吸が停止し、窒息することがある

地下室や自動車内などの換気が不十分な場所で使ったり、貯蔵したりすると、ドライアイスから気体化した二酸化炭素が低いところに溜まって酸欠に陥ったり、二酸化炭素中毒を起こして意識障害を引き起こしたりする

ドライアイスから発生した二酸化炭素による酸素欠乏症の災害は、意外に多く発生しており、倉庫内で被災することもありますが、車内でも結構起きています

1 2