1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Taptapさん

グッバイ、の掛け声で、すべてはじまる

グッバイ 君の運命の人は僕じゃない
つらいけど否めない でも離れがたいのさ
その髪に触れただけで 痛いや いやでも
甘いな いやいや グッバイ
それじゃ僕にとって君は何?
答えはわからない 分かりたくもないのさ
たったひとつ確かなことがあるとするのならば
君は綺麗だ

このサビの部分が余りに素晴らしくて、大ヒットしています
グッバイの掛け声に万感がこもり、そこで曲調が変わる
音程が下がっていって、「離れがたいのさ」で着地する
髪を触るなんて大胆だが、
相手は気にしていない
なぜなら僕のことなど意識をしていないから
失恋を運命の定めのようにして悟る
「君は僕の運命の人じゃない」という深く響く言葉が、
サビを完成させている

運命の人じゃなくても離れたくない
それで心の中ですべてを処理したまま
表面はそれまでと同じ友人を装う

ちょっと悲しいラブソング
着地点は、愛し合うことでなく、
そばで見ているだけのボクの
「綺麗だ」。

何度も、「綺麗だ」という言葉

君とのラブストーリー それは予想通り
いざ始まれば一人芝居だ

ずっとそばにいたって 結局ただの観客だ
感情のないアイムソーリー それはいつも通り
慣れてしまえば悪くないけど 君とのロマンスは人生柄
続きはしないことを知った

感情のないアイムソーリーという言葉が
雰囲気を伝えています
ぎこちないやり取り
装っている者の特徴
そうなんとなくそばにいるだけ
その位置に甘んじてもそばにいたいボクの気持ちは、なんだろう?

もっと違う設定で、もっと違う関係で
出会える世界観 選べたら良かった
いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて
好きだとか無責任に言えたらいいな
そう願っても空しいのさ

世界観を選ぶなんて、ゲームのようですね
だがこれは現実で
設定変更は叶わない
恋が叶った世界を一瞬妄想して、
空しい思いをかみしめる
その空しさが皆に伝わるから
この歌は大ヒット

誰かが偉そうに
語る恋愛の論理
何ひとつとしてピンとこなくて
飛行機の窓から見下ろした
知らない街の夜景みたいだ

出典pretender

飛行機の窓から見下ろした街の風景みたいという比喩が
とても気持ちを表していて
ここが、ヒゲダンの歌詞の魅力ですね

いつもじぶんの背丈の目線なんです
そこがすばらしい
世間的には、自分は失恋したらしい
さっさと撤収したらいい
といわれたって自分にはピンとこないのだ

1