1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

脱獄iPhoneを販売して少年が逮捕。ところで脱獄iPhoneって何?

脱獄iPhoneを販売した少年が逮捕されるというニュースが入ってきました。

更新日: 2020年03月04日

11 お気に入り 78746 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■脱獄iPhoneを販売した少年が逮捕された

京都府警は3日、商標法違反容疑で、兵庫県播磨町のアルバイトの少年(19)を逮捕した。容疑を認めている

「チートアプリ」をインストールした「脱獄iPhone」と呼ばれる端末をTwitterなどを経由して販売

■中古のiPhoneを購入→販売して利益を得ていた

少年は中古でアイフォーンを購入し、海外サイトから入手したプログラム改変ツールを使って改造

これまでに「脱獄iPhone」約60台を販売した少年は、およそ250万円の売り上げを得ていた

■このニュースはネットで話題に

何で引っかかるんだろうと思ったら、商標権の侵害なのね _(:3」∠)_ 脱獄iPhoneを販売した疑い、少年逮捕 売上約250万円 itmedia.co.jp/news/articles/…

■このニュースで問題になっている「脱獄」とはどのような行為なのか?

セキュリティホール(脆弱性)を突くなどしてその制限を取り除き、開発者が意図しない方法でソフトウェアを動作できるようにすること

専用ツールを使ってiOSを改変することで、Apple社側で使用制限している機能や非公式アプリのインストールを可能にする方法の総称

ユーザーはiOSをジェイルブレイクすることで、アップルが通常はiPhoneに許可していない機能を追加できる

■このように「改造行為」なので販売すると「標章登録違反」となる

改造後は正規品でなくなるため、アップルマークを付けたまま販売すると商標権の侵害になる

この行為は、アップルのソフトウェアライセンス及びソフトウェア使用許諾契約[3]に違反する改造行為であり使用義務違反となる

iPhoneを脱獄してみたいと思った人がいるなら、いざそれをする際には一切の責任を自分で負わなければならないことを理解しておくべき

■なぜ脱獄行為をするのか?

スマホ用ゲームアプリで不正行為をするための「チートアプリ」をインストール

チートアプリを組み込むために改造したスマホは「脱獄アイフォーン」と呼ばれる。ゲームで課金せずにキャラクターを強化したり、アイテムを入手したりできる

ゲームを有利に進めるため、ゲーム制作者の意図しない動きをさせる不正行為が、10代の若者の間で広がっている

1 2