1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

世界でも…今冬の「暖冬・少雪」はやっぱり異常だった

将来、「冬がなくなる」かもしれませんね…

更新日: 2020年03月04日

4 お気に入り 7355 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■「暖冬・少雪」が叫ばれた今冬

この冬は、雪不足や暖かさが話題に上ることが多く、冬らしさを感じる日が少なかったと思っている方も多いはず。

■この”異変”はデータにも表れている

12~2月の平均気温は統計開始以降最高に

気象庁が発表した冬(12~2月)の天候のまとめによると、2月上旬に北日本が一時的に強い寒気の影響を受けたほかは、冬を通して冬型の気圧配置となる日が少なく、全国的に高温傾向に。

平均気温は、東日本で平年を2.2℃、西日本で平年を2℃上回り、統計開始(1946/1947年の冬)以降最高となった。

全国153の観測点のうち109か所で冬の平均気温の記録を更新

降雪量も過去最少を更新

降雪量も全国的にかなり少なく、北日本の日本海側で平年の44%、東日本日本海側では平年のわずか7%にとどまり、過去最少を更新。

一方、本州付近を低気圧や前線が通過することが多く、冬の降水量は西日本日本海側でかなり多く、西日本太平洋側で多かった。

今日の白馬八方尾根スキー場❄️ こんなに雪が少ないの初めて pic.twitter.com/YlXs5hFNoe

そういえば今年度の冬、雪降ってないな。やっぱり暖冬なんだな

気象庁の冬の天候まとめ、「3か月平均気温の高い方からの順位更新」の順位更新表だけでpdf2ページ以上使ってた いかに異常暖冬だったかがうかがえる

■記録的な暖冬・少雪に悩まされているのは日本だけじゃない

ロシア・モスクワ

ロシア気象当局は、今冬のモスクワの平均気温が記録が残っている過去140年で最も高かったと明らかに。

12月〜2月の平均気温は例年より5~6℃も高くなり、積雪もほとんどなく、冬のレジャーが中止されたり季節外れの花が咲いたりした。

フランス

フランス気象局によると、1981~2010年の冬季平均気温が5.4℃だったのに対し、昨年12月~今年2月は2.7℃も高い8.1℃に。

北欧各国

スウェーデンで2月13~16日に行われた「WRC(世界ラリー選手権)第2戦」も、雪不足や路面コンディションの問題から、一時は開催中止が検討された。

ドイツ

1 2