1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

ローソンさんは、牛乳屋だった

アメリカオハイオ州に、牛乳販売店を営んでいたJ.J.ローソンという人がいました。

そのお店は「ローソンさんの牛乳屋さん」として評判で、毎朝たくさんの客が詰めかけていました。

その後、ローソンさんは会社を設立

その後ローソン氏はローソンミルク社を設立し、日用品も販売するようになり、チェーン展開をはじめました。

経営が軌道に乗ったローソン氏は、ミルク以外に日用品などを取り扱い始めると店はいっそう大繁盛。

'59年、これに目をつけた食品業界大手のコンソリデーテッド・フーズ社がローソンを買収して、コンビニの運営システムを確立させた。

だから牛乳のロゴだったのか…

日本では、1974年(昭和49年)にダイエーがコンソリデーテッド・フーズ社と提携。翌年、ダイエーローソンを設立。大阪府豊中市に1号店(桜塚店)を開店した。

コンビニエンスストア「ローソン」というチェーン名もアメリカンファームを連想させるミルク缶デザインも実はこの米国の牛乳屋「ローソン」が発端となっているのです。

なので…

そもそもの店の始まりが、牛乳店だったことから、ミルク缶のトレードマークを掲げているローソン。

ローソン初のプライベートブランド商品は牛乳だし、大手コンビニチェーンで初めてホットミルクを販売したのも同社だ。

そんなローソンが動き出している

ローソンは、3月9日から3月20日までの間、国内の生乳を使用しているMACHI café「ホットミルク」を半額の65円(以下税込)で、「カフェラテM」を30円引の120円で販売する。

竹増貞信社長「ウイルスの感染防止には免疫力を高める必要があるが、牛乳も免疫力を高める。学校給食がなくなり、牛乳の需要が無くなる中で、しっかりと牛乳の需要を促進する上で、ホットミルクを半額で提供する」

「給食停止で牛乳が余る…」 ローソンが牛乳の消費支援で、『ホットミルク』『カフェラテ』の値引きを発表! ローソンが『ホットミルク』を半額に 込められた『想い』に、心温まる人続出 grapee.jp/797046 @grapeejpさんから

LAWSONさん素敵…(●´ω`●) ローソンが牛乳の支援対策で「ホットミルク」を半額で提供! カフェラテMも30円引きで提供されるよ~! – Pouch[ポーチ] youpouch.com/2020/03/03/638… @youpouchより

ローソンそうきたか!ロゴがあの形なだけある

1