1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

kazooneさん

■2015年に実写映画化された不朽の名作『シンデレラ』

母が遺した「勇気と優しさを忘れないで」という言葉を信じて行動するとても気立てのいい女性シンデレラを英国の新鋭リリー・ジェームズが演じた。

女の子が馬に乗って草原走ってるのとかすごく好きだけど「シンデレラ」のリリー・ジェームズとかほんとに理想 ✨️✨ 馬のたてがみと女の子の髪が風に乗ってなびいてるのとか美しくない? pic.twitter.com/tJFjVFPwzu

リチャード・マッデン氏、アマプラで出演作漁ってたら実写版シンデレラの王子様役だったとしりひっくり返った pic.twitter.com/q0ghZJIq7v

やっぱり実写のシンデレラ素敵 何十回も見たけど本当に感動する リリー・ジェームズさん綺麗だなぁ…

■ディズニーのアトラクションでも有名な『センター・オブ・ジ・アース』

東京ディズニーシーのアトラクションでも有名な冒険SF文学を、数々のハリウッド大作の特殊効果を手掛けてきたエリック・ブレビグ監督が映画化。

10年前に行方不明になった兄が残したメモを手がかりに、兄の息子(甥)とともに地底世界へ辿り着いた科学者の冒険を描いた物語。

アマプラで『センター・オブ・ジ・アース』観た。 いい年こいたおっさんが観るには色々気になってしまうがw 小学生向けの冒険ものとしてはけっこう良質なんではなかろうか。 意外と?悪くないぞ

Amazonプライムで久々に観ちゃいました。センター・オブ・ジ・アース( ˘ω˘ ) 冒険ロマン全部入ってるんだよねこれ。もう最高。 pic.twitter.com/SORzwtrxYE

■ロンドンにやって来た紳士なクマさん『パディントン』

長年世界中で愛されているマイケル・ボンドの児童文学「くまのパディントン」の実写映画。

真っ赤な帽子をかぶった小さな熊が、ペルーのジャングルの奥地からはるばるロンドンへやってきて親切なブラウン一家と出会う。

パディントンの映画1と2両方アマプラにあったから観た、めちゃよかった 実際に行って見てきたばかりの街や駅や建物がたくさん出てくるのも楽しかった〜 3早く完成しないかな 想像と違ってパディントンが大人の男性ボイスだったんだけど、人間でいうと何歳くらいの設定なんだろ #paddington pic.twitter.com/5ssTvRYKwZ

映画『パディントン』予告編 youtu.be/_qzzqaHyfa8 @YouTubeより 友人が昔おススメしてくれた映画。小さな子どもも目で見て笑えるコメディー。疲れた大人が見てもいいかも。原作が絵本だし、本編の街並みもレトロな雰囲気で落ち着きます。主人公のクマさんはエキセントリック紳士です

■25年前の映画とは思えない映像美『ベイブ』

1995年の作品ながら、特撮とCGにより、舞台となる農場の描写も含め、人間のように芝居をする動物を生み出している絵作りが驚異的。

アマプラで久しぶりにベイブ見てるけどこれ本当今見ても面白いなぁ

久々にベイブ見た とても1995年放映には見えない画質の良さと動物の口元を加工するCG技術の高さが素晴らしかった 口元、凄いですねアレ ヌルヌル綺麗

■懐かしのおばけ映画『ゴーストバスターズ』

1 2 3