1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

モチベ上がらん…ツイ民直伝の「在宅勤務」のコツが参考になる!

今や多くの企業が導入している「在宅勤務」。様々なメリットがある一方で、デメリットももちろんあるんです。どうしてもやる気が出ない…そんな人も多いのではないでしょうか。そんなときにTwitter民が教えてくれた工夫が役立ちますよ!一人でも多くの人に伝えたくてまとめてみました。

更新日: 2020年03月06日

15 お気に入り 30870 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

コロナの影響で在宅勤務をしている人、まじで読んでください…目からうろこ。

critical_phyさん

▶実際どう?「在宅勤務」をしている人からは様々な声が…!

新型コロナウイルスの感染の拡大を受けた、テレワークの活用や出張の見合わせなどは多くの企業に広がっています。

メリットとして挙げられるのは、まず通勤時間を短縮できるという点。人によっては片道1時間以上かかるこの通勤時間をカットできるため、仕事の効率化はもちろん、プライベートに割ける時間も増えるだろう。

従業員によっては「自宅にPCがない(または自宅PCのスペックが低い)」「家にネット回線がない(または回線が遅い)」「マイクやカメラなどテレカンファレンスの設備がない」といった設備面が不十分な人もいる。

そろそろ在宅勤務の限界を感じてきた。 モチベか湧かん。無理。

在宅勤務のルールがまだ無い状況で自宅待機で在宅勤務してるの ボランティア感あってモチベ上がらんなぁ、手放しにサボるのもまた違うけど

在宅勤務はいい制度だし今大事なんだけど、仕事のモチベ低いのかなって人はレスがさらに遅くなる+質が落ちてまして…

在宅勤務のプロに学ぼう…実はうまくいかせるコツがあるんです!

▶まずは「着替え」をしよう…いつも通りの気持ちを保つにはまず形から!

朝、起きたら顔を洗ってちゃんと着替える。意外とこれが効きます。部屋着のままだと思わずダラ〜っとしてしまいませんか? 特に着心地のいい部屋着だといつまでも頭はリラックスモード。

また、仕事用の服を着てしまえば、勤務中に何か別のことをしようという気も起きにくくなります。つまり、シャツとスラックスを着ていれば、報告書を書き上げる替わりにケーキを焼こうなどとは思わなくなるということです。

実際に決められた習慣が必要な人は、決まった時間に起床してシャワーを浴び、着替えを済ませて仕事部屋に入り、ローファーと最高のカジュアルフライデーの服装という快適な格好で日々の仕事に取りかかろう。

在宅ワーク歴30年のおばさんが言います。テレワークの基本は朝起きたら着替えることです。着替えるのです。顔を洗うのです。そして仕事を始めると決めた時間に仕事を始めるのです。着替えを忘れてはいけません。

在宅勤務してわかったことは、とりあえずちゃんと部屋着から着替えた方が集中できるってこと。 着替えじゃなくても、何かしらで気持ちを切り替えないと俺はダメだ。

リモートワーク・在宅勤務してる人、ビデオ会議や電話会議する時はマイク付きイヤホンの使用をお願いしたい。iPhoneに付いてくる奴とかで十分なんで。PCによってめっちゃ聞き取りづらい事が多い。 それと在宅でも外出るレベルの服に着替えたり、髪整えると気持ちが切り替わって捗るよ!

▶文字だけが多くなる…疎かになりがちな「コミュニケーション」にも気をつけたい!

フェイスtoフェイスのコミュニケーションに勝るものはありません。どれだけITツールが発達しようとも、実際に顔を合わせてのコミュニケーションにはかなわないなというのが多くの企業の意見。

対面の会議に比べて、会話に入る「間合い」が難しいという人もいます。そういう方のために、例えば発言ある時には「手を挙げる」など、なんらかのルールを設定するといいでしょう。

雑談タイムや休憩チャットなどの仕事以外の話をテレワーカーでもできるためのタイムスロットを設けるなどの工夫により孤独感をなくすことができます。

緊急で在宅勤務になってる会社の課題の第一位はおそらくコミュニケーションなんだと思うけど、雑談タイム作ったりオンラインでランチしたり、オンライン飲み会やってる人もチラホラ。変化する環境に順応する逞しさが良いですね。なんだか今年は新しいビジネスたくさん生まれそう。

今日から在宅勤務だけど問題なく仕事できる。むしろチャットメインだからコミュニケーション取りやすい。コロナ落ち着いても在宅は定着してほしいね。出社しないとできない業務は週1-2日に詰め込めばおk

テレワークによって在宅勤務が推進されると、実は対人コミュニケーションが磨かれる機会が奪われる気がする。 対面でのやり取りって、相手の表情や仕草などを一瞬で読み解くジャズセッションみたいなもの。 パソコンばかりカチカチやってても育たないスキルは色々ある。 総合的な能力を磨こう。

こんな声も。

▶自分の最大の敵は自分…効率よく「成果物」を出すには?

大事なことは、自分の脳をトーレーニングして、仕事の時間と遊びの時間の区別ができるようにすることであり、また、間違った行動をしていたらすぐに正しい道へ戻れるような方策を用意しておくこと。

複数お部屋があるなら、ひとつを仕事用にしてしまいましょう。部屋がなければ机の上のものを全て片付けて、とにかく仕事モードになれる場所を作るのが良いでしょう。

カーテンやついたてを使って、仕事用スペースを家の他の部分と区切ってもいいかもしれない。あるいは地下室がある人は、そこで仕事をしてもいいかもしれない。それが不可能なら、少なくとも仕事が終わったら仕事用デスクから離れて、振り返らないようにしよう。

1 2