1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

2020年いよいよ商用利用が開始される5Gについて、どんなものか、どんなことが期待されているのかということについてまとめました。

rmbrdxさん

5Gとは

5Gとは、第5世代移動通信システムのことです。2020年から順次、日本国内でサービス開始を予定されています。

5Gの大きな特徴は、「超高速化」「超多数同時接続」「超低遅延」の3点。超高速化による4Kや8Kといった高解像度の動画配信や、超多数同時接続によるIoTの普及、超低遅延による自動運転精度の向上、遠隔治療が可能となります。

これまでの通信との違い

次世代の通信として期待される5Gですが、いま私たちが使用している4G(LTE)とはどのような差異があるのでしょうか?

現在は第4世代であるLTEが主流ですが、5Gが実現するとLTEの約10倍の伝送速度が可能となります。また、同時接続できる機器もLTEの100倍となり、遅延に関してはLTEの10分の1程度になります。

どんなところに活用できるか

>自動運転への活用

渋滞・事故情報や人の飛び出しなどを5Gネットワークで瞬時に検知・制御することで交通事故を激減させ、安心・安全なクルマ社会の実現にも貢献すると期待されている。

>ドローンへの活用

ドローンで映像を撮影するだけならWi-Fiや4Gでも可能だが、5Gなら映像データや測定データをリアルタイムに伝送しながら解析できるため、幅広いビジネス展開が行えるようになる。

ドローンが衝突を回避しながら飛行するには、自動運転のクルマのようにドローン同士でリアルタイムなコミュニケーションを図ることが必要だが、そこでも5Gが大きな役割を果たすことになる。

>遠隔医療の実現

5Gにより高精細な映像などのやりとりが可能になるため、医師と遠く離れた場所にいる患者が正確な診断を受けたり、熟練医が手術を支援したりすることも可能になる。

通信インフラが変わることで社会のインフラまで変化しそうですね。
遠隔医療や自動運転が広く実用化されたら私たちの生活は大きく変化しそうです。

これからの国内の動き

国内における第5世代(5G)移動通信システムの商用サービスは、2020年に開始される予定だ。

2015年に要素技術の研究開発が始まり、2017年には実証実験が始まって数多くの実績を積み重ねてきた。

2015年に要素技術の研究開発が始まり、2017年には実証実験が始まって数多くの実績を積み重ねてきた

サービスの開始時期をNTTドコモは2020年春、KDDI/沖縄セルラー電話は2020年3月、ソフトバンクは2020年3月ごろ、楽天モバイルは2020年6月と表明している。

第5世代(5G)移動通信システムの普及に向けたロードマップ。出典:総務省総合通信基盤局「第5世代移動通信システム(5G)の今と将来展望」(2019年6月27日公表)

先日softbankから料金プラン等の発表がありましたね!
私たちが実際に効果を体験できるのも近いようです。

twitterの反応

5G通信利用開始!! とうとう日本でも5Gが始まりますね! 意外とお得に使えそう…!! ソフトバンク以外の各社の発表に 注目ですね! #wbs pic.twitter.com/2qGtq9R5nm

仙台で5G通信の回線が工事中のようです。 岩手に来るのはいつ頃かな?? twitter.com/denpa893/statu…

これで、リモートワークが一挙に普及して、都市への一極集中が緩和されたりしないかな。それとか、テレビ会議的なものの普及でネットワークのトラフィック爆上げで、使い途がないとされてきた5G通信の普及機運が高まるとか。

新型コロナによるリモートワークの推進に関連したツイートも見られるようですね。

最後に

次世代通信の5Gについてまとめました。
AR/VR等のエンターテイメントから医療、自動車等の社会インフラ的な部分まで幅広く活用されていくようです。
5Gの商用利用が開始され、様々なプロダクトが対応した商品をリリースすることで新たなビジネス領域も開拓されそうですね!

1