1. まとめトップ

厚生労働省、内閣官房などが報道番組を名指し批判。誤りも…疑問の声、批判まとめ

厚生労働省、自民党広報、内閣官房国際感染症対策調整室などの政府関連のTwitterアカウントが朝日テレビ「羽鳥慎一モーニングショー」などの報道テレビ番組の放送内容に対して名指しの批判を行ったことについて、それに対する疑問の声や、批判内容の誤りの指摘などをまとめます。

更新日: 2020年03月07日

1 お気に入り 5471 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

thunderxさん

厚生労働省、内閣官房などが報道番組を名指し批判

自民党や厚生労働省といった与党・官公庁が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)をめぐる一部テレビ報道に対し、番組を名指ししながら相次いで言及している。

厚労省は2020年3月5~6日、不足するマスクの供給に関する「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)でのコメントに触れた。自民党は5日、新型コロナウイルスの感染力について、「Nスタ」(TBS系)で専門家が述べた内容と異なるものとして、世界保健機関(WHO)の見解を紹介した。

内閣官房と自民党の公式Twitterが3月6日、ほぼ同じ文面で、テレビ朝日系で放送された情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」を名指しして反論するツイートをした。

内閣官房の直属組織が特定の番組を名指し批判するのは異例で、それだけ「羽鳥慎一モーニングショー」の影響力を懸念しているということを示していると思われます。

【#新型コロナウイルス マスクの供給】 3月4日午前8時からの「羽鳥慎一モーニングショー」の出演者から、「まずは医療機関に配らなければだめ。医療を守らなければ治療ができないから、医療機関、特に呼吸器関係をやっている人に重点的に配っていく 」とのコメントがありました。(1/3)

3/4のTBS「Nスタ」で女性出演者が「新型のコロナであるため感染が新しいウイルスであり、私たちには基礎的な免疫がなく普通のインフルエンザよりも罹りやすい」と発言しましたが、厚生労働省は「季節性インフルエンザと比べて感染力は高くない」との世界保健機関(WHO)の見解を紹介しています(1/2)

3/5テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」で「総理が法律改正にこだわる理由は『後手後手』批判を払拭するため総理主導で進んでいるとアピールしたい」との政治アナリストの発言がありました。 #新型インフルエンザ等対策特措法 の改正を目指す理由は?(1/2)

【#新型コロナウイルス】 3月5日のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」で、「総理が法律改正にこだわる理由は、『後手後手』批判を払しょくするため総理主導で進んでいるとアピールしたい」というコメントが紹介されています。(1/3)

この異例な対応に疑問の声があがる

Twitter上では政府・与党のツイートを歓迎する声もある一方で、批判する声も広がっている。弁護士の渡辺輝人さんは内閣府のツイートに対して、「政府広報の範を完全に逸して、言論弾圧だ」と指摘した。

政府と与党が、国民向けの広報ツールを使って、特定の番組を狙い打ちにしているように見える。SNS上では「言論弾圧ではないか?」と批判する声が広がっている。

内閣官房国際感染症対策調整室もモーニングショーを批判していましたが、どうやら安倍政権はこの番組の内容を物凄く気にしているみたいです。政府系の公式SNSが特定の番組を名指しで批判するのは異例で、このような姿勢に国民からも疑問の声が相次いでいます。

以下の3アカウントが突然、示し合わせたように「テレビ番組への名指しマウンティング」を開始。 ディストピアジャパンの幕開け感。 pic.twitter.com/JGO2waNFm6

うわー内閣官房まで特定番組名をあげてツイートしてる。これ絶対どこかがスイッチ入れたよね。こんな指摘はモーニングショーだけに限らず、ほとんどのメディアがやってきたことじゃないか。 twitter.com/kanboukansen/s…

このツイートはたくさんの方が指摘しているように公権力による言論の自由への介入になります。そしてもうひとつ深刻なのは、感染対策を担う公的機関がこのような意見が分かれる政治的言説空間に介入してしまうことで、信頼性を喪失することなんですよね。 https://t.co/ATGE0lYOR7

いい加減なのは「医療機関に優先供給を行った」と、あたかも完了しているかのように断じていた厚生労働省の方で、番組ではないだろう。なのに名指しで口封じをするような真似をするなど論外であり、それを「どんどんやったほうがいい」というのは正気の沙汰ではない。 https://t.co/QbcgPK5x5y

厚生労働省「医療機関にマスクの優先配布を行った」

厚生労働省では、感染症指定医療機関への医療用マスクの優先供給を行ったほか、都道府県の備蓄用マスクの活用や日本医師会や日本歯科医師会のルートを活用した優先配布の仕組みをお知らせしています。(2/3)

同省は5日、公式Twitterで4日に放送された同番組の出演者の発言に反応し、番組名を具体的に明かした上で「マスクの優先供給を行った」と言及していた。

しかしモーニングショーが検証→訂正へ

このツイートを受けて同番組が全国の感染症指定医療機関を取材したところ、マスクが実際にすでに届いていたのは北海道のある機関のみで、神奈川県や東海地方の機関には届いていなかったという。

この事実を厚労省の担当者に聞いたところ、5日のTwitterの「マスクの優先供給を行った」という表現については「言い過ぎた表現だった」と認め、「行っている」あるいは「開始した」が正しい表現だったと釈明した。

また、同ツイートで「都道府県の備蓄用マスクの活用や日本医師会や日本歯科医師会のルートを活用した優先配布の仕組みをお知らせしています」と発信していたことについて担当者は「訂正したい。そんなことは国会でも言っていない」と回答したという。

厚労省はマスメディアから指摘を受けたことから、その指摘がウソであるかのような、かつ、あたかもメディア側がデマを流していると誤解させるような表現を用いてツイッターで情報発信したことになります。

1 2 3