1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

半世紀前のラップが残っていた…パニック買いがダメな理由に納得

新型コロナウイルスの感染拡大でマスク不足が問題になっている。オイルショック時に買い占めたサランラップが使い切れずに今も残っていた。平成初期に買い占めたトイレットペーパーも見つかっている。

更新日: 2020年03月07日

10 お気に入り 74309 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの買い占めが社会問題に

新型コロナウイルスの影響により、全国でマスクやトイレットペーパー、ティッシュ類に加え、感染症対策とは一見無関係に思われる米やカップ麺などの食料品に至るまで買い占めが発生している。

需要が急激に高まったマスクは、売り切れが続出する一方で高額転売が相次いでいる。2月7日現在、某フリマアプリでは「60枚入り10万円」「130枚99999円」などの出品がされている。

政府がマスクの買い占めや転売を禁止に!

政府は法律に基づきマスクの買い占めやインターネットでの転売を禁止することなどを盛り込んだ総合対策を取りまとめることになりました。

ヤフーなどは、経済産業省からの要請を受けて、オークションサイトでの出品を今月14日から禁止することを決めました。

しかしトイレットペーパーは在庫が十分にあるようだ

トイレットペーパーのメーカー各社で作る日本家庭紙工業会が注意喚起している。
ネットのデマが原因で買い占め騒動が起きていた。

原材料調達や生産を中国に依存しておらず、製品在庫も十分にあり、需要を満たす十分な供給量・在庫を確保しているという。

3月4日頃以降には小売り大手のイオンの一部店舗がトイレットペーパーについて「お一人様10点まで」という表示を行うなど、官民双方から消費者を安心させるための方策が打ち出されている。

今日のスーパー トイレットペーパー お一人様10点まで〜なんてそんなに持って帰れない! みんな安心したのか、誰も買ってないよー pic.twitter.com/vIUiJxqB2H

Twitterでは買い占め行為が無駄だと話題になっている

1973年に始まったオイルショックで、日本でトイレットペーパーや洗剤などの買占め騒動が起きた。
その時に買い占めたサランラップが今も残っていたことが話題になっている。

買いだめはだめだぞ!半世紀前のオイルショックの時のラップが未だに使いきれてないとかあるからな!だめだぞ!! pic.twitter.com/GhnJUSFZR4

祖母の家に行くと、古いトイレットペーパーが山積みにされている部屋があって、祖母に何で沢山あるの?と聞いたら「間違えて買っちゃったのよ」と言われたのを思い出した。 twitter.com/ripo0079/statu…

平成初期に買い占めたトイレットペーパーも残っていた

情報を訂正。祖母はオイルショックで買ったと言ってましたがパッケージ的に平成初期くらいの湾岸戦争か消費税導入頃に騒動があったのか買いためたもののようです。ですが20数年持つのも十分どうかしてるし要点は常軌を逸して買いすぎるとこういう事になると言う事なのであえて元ツイは残しておきます

@KS_arufu 第一次湾岸戦争ん時にそう言う反応してるの確かにいましたな、うちの親父もそんなムーブでしたし。

@KS_arufu 湾岸戦争も第三次オイルショックと呼ばれることがあるから間違いではないよ

1 2