1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■トイレのハンドドライヤーの利用停止が相次いでいる

そうなのか、ハンドドライヤーは水気と一緒にウイルスも撒き散らしてしまうのですね。 pic.twitter.com/ERfIwsiJQ0

手洗って乾かそうとしらハンドドライヤー故障中 と思ったらコロナウィルス対策で使用中止でした。 めっちゃ不便です(・・;) pic.twitter.com/XxNDPrmNTU

オフィスや商業施設など、あらゆるトイレに設置されたハンドドライヤーの使用の是非について、ツイッターなどで話題になっている

■ハンドドライヤーは細菌を空気中に拡散する可能性がある?

物理的に触れる必要が無いので、清潔なように感じますが、実際はペーパータオルよりも不衛生である事が指摘されています

イギリスのウエストミンスター大学の研究チームが2016年に発表した実験結果では、ハンドドライヤーはペーパータオルの1300倍の細菌を空気中に拡散させているとされている

日本感染学学会誌に掲載の論文「病院における手指温風乾燥機とトイレ環境の細菌汚染調査」でも、ハンドドライヤーの飛沫による細菌汚染が報告されている

■ハンドドライヤーの衛生面についての疑問も

野外や店内、ショッピングモール内や病院など、さまざまな場所のトイレにハンドドライヤーが設置されています

施設によってはメンテ不足で不衛生なハンドドライヤーもあれば、抗菌対応のハイスペックな機種もある

ハンドドライヤーのトレーに水が溜まっていたり、風の吹き出し口にぬめりが発生していたりすると、菌で汚染されている可能性は高い

2009年に「日本環境感染学会誌」に掲載された論文では、「トイレのドアノブ」と「ハンドドライヤーの底部」を比較。前者には数10~数100個、後者には1000個以上の菌が検出されたことから、ハンドドライヤーの底はトイレの中でも特に汚染されている可能性があり、触れぬよう注意が必要と結論付けています

■感染リスク回避のため、当分はハンドドライヤーは使わないほうがいいかも

トイレを使った全員が適切に手を洗って細菌を除去していたら、細菌が吹き飛ばされることもないのですが、その実現は難しい

医療機関では、こまめに手を洗い、ハンドドライヤーではなく、ペーパータオルを使用して手を乾かします

インフルエンザなど感染症が流行しやすい季節には、『ハンドドライヤーを使わない』という選択も大切かもしれません

▼関連リンク

1