1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●近年、増加している「子宮頸がん」

●そもそも「子宮頸がん」とは?

子宮下部の管状の部分を子宮頸部、子宮上部の袋状の部分を子宮体部と呼び、

それぞれの部位に生じるがんを子宮頸がん、子宮体がんといいます。

通常、子宮頸がんは一定の時間をかけてゆっくりと増殖します。

がんが発見される前の段階として、子宮頸部の組織にがんに進行する可能性がある細胞が増えていきます。

・HPVに感染することが主な原因

発がん性HPVの中で、とくに、HPV16型、HPV18型は特に高度異形成や子宮頸がんへ進行する頻度が高く、スピードも速いと言われています。

・HPVには、100種類以上のタイプがあるという

HPVには100種類以上のタイプがあり、子宮頚がんの原因となるのは、その中の主に「高リスク型」と呼ばれる、一部のタイプです

・進行した状態で発見されると、摘出しなければならなくなる

●若い世代で、子宮頸がんの罹患率が増加している?

日本では、子宮頚がんを発症する人のピークが40歳代(1988年)から30歳代 (1998年)へと若くなっています

●予防する効果があるとWHOが認めている「HPVワクチン」

1 2