1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

嬉しいけど複雑…ガソリンが安くなるらしい。その理由はコロナ

ガソリン価格が安くなる可能性があるようですが、その理由がコロナウイルスの流行だということです。ちょっと複雑ですね。

更新日: 2020年03月10日

7 お気に入り 20046 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■原油価格が下落している

9日現在、北海ブレント原油先物5月限の価格は1バレル31.67ドルとなった。取引の中で指数は2016年1月12日以来の最安値を更新

ニューヨーク市場のWTIの先物価格は時間外取り引きで1バレル=27ドル台をつけて、いずれも先週末より30%以上安い記録的な落ち込み

原油価格が9日、先週末に比べて30%以上値下がりしたのにともない、エネルギー関連の株が大きく値を落とした

■ある意味オイルショック

9日の東京原油市場で原油の先物価格が記録的な急落となりました

原油価格の1バレル=10ドル下落で湾岸産油国の歳入は対国内総生産(GDP)比率で2─4%目減りするとし、「原油価格の崩壊で湾岸諸国の財政は明確な影響を受ける」

■これによって日本の「ガソリン価格」も安くなる可能性が

3月2日時点でのレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均価格は前週比0.2円安の147.6円。6週連続の値下がり

この原油先物価格の下落結果、我々の使うガソリン価格などが低下することが期待される

トランプ大統領は「ガソリン価格は下落する。消費者にとっては良いことだ!」とも述べた

■ネットでも話題に

ガソリン価格が下がるのは嬉しいね。 ドライブならコロナ関係無いでしょ。 遊びに行かなきゃね。

ガソリン価格下がるなぁほぼクルマ乗らないけど。。

えーと、つまりガソリン価格は来週以降から下降を始めるという見解で良い訳?

■嬉しいけど、価格が下がる理由が「新型コロナ」だった…

新型コロナウイルスの影響による中国を中心とした経済活動の停滞で、原油の需要の落ち込みが見込まれる

■更に「サウジアラビアのOPEC協議決裂」も追い打ちをかけた

サウジアラビア主導のOPEC=石油輸出国機構とロシアなど非加盟の産油国が先週、価格の下支えを目指して協議しましたが、決裂

減産で合意できなかったサウジアラビアが逆に増産を決めたという情報も伝わり、市場は産油国間の競争がさらに激しくなれば市場の混乱が続くおそれがある

1 2