1. まとめトップ
  2. おもしろ

ハッ!みんなが『目から鱗だった…』って呟いたTwitter報告が面白い

Twitterには様々な呟きが溢れていますが、思わず「目から鱗だった…」って納得した話にまつわる興味深いツイートを紹介します。

更新日: 2020年03月11日

54 お気に入り 130159 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Twitterユーザーの皆さんが「目から鱗だった…」って感じた話の中から、印象的かつ興味深いツイートをまとめました。

justastarterさん

◆『一斉休校』に関する話

一斉休校 本当なにやってんだ国民のことなんもわかってねえ!って怒りで震えて眠れずにいたが、 『休校のおかげで、"学校でだれかがコロナウイルスに感染したせいで一生、あいつのせいで卒業式が中止になった"みたいなイジメがおきなくて良かった』って意見には目から鱗だった。 そうだな(。´Д⊂)

@jiyuunaokan その目線がなかった。一生言われるかもしれないトラウマを防いだのは間違いないな(´ω`)

@jiyuunaokan 私も全く同じ気持ちでモヤっていたのですが、身近に感染者が出た場合イベントの中止をその人のせいにしなくてもいい、っていう意見を見て本当に「そうだ…」ってなりました 「文句言う相手が大きな組織に限定される」って意味のあることなんですね

@jiyuunaokan ましてや児童・生徒だけではなく、その親御さんも批判にさらされる可能性がありますもね。感染したい人などいません不可抗力なのに。規模が小さな学校や人口が少ない地域なら、噂が広まりやすいという事情も手伝います。身近に感染者が出た場合にこそ、思いやりの心が試されるのではと感じました。

◆『戦時中』の話

都会の人「疎開先で晴れ着を農家に持ちこんだが少しの米としか交換してくれなかった。酷い話だ」田舎の人「疎開してきた都会の人達が次から次へと着物を持ってくる。あんな派手な服とてもじゃないが着れない。しかし追い返すわけにもいかない。仕方なくお米を渡した」という話は目から鱗だった。>RT

自分にも「相手の足元を見て箪笥を豪華な着物で肥やす農家」というイメージがあった。しかし着物を持ち込むのは語り部や物語の主人公の家族だけでなく大勢居た。都会の着物は派手で田舎では着れないという事情があったわけだ。現代の田舎のJSJCファッションも黒や茶色メインでえらく地味だったり。

@tutitoabura こちらと相手で、価値観が違うと、物々交換は成立しにくい。

@tutitoabura 母の実家は群馬の豪農だったため、この話は子供の頃から良く聞かされました。食べ物に困っている人たちを人情的にも何も渡さず返すわけにもいかないので仕方なくお米や芋と交換していたそうです。おかげで蔵に着物や得体の知れない紛い物の掛け軸が随分増えたとか。

@tutitoabura FF外から失礼します 田舎の豪農の家の方にその頃の話を聞いたことがあるのですが当時交換レートが良いと噂が立って深夜以外入れ替わり立ち替わりに人が来て日常生活もままならず毎日疲労困憊だったとぼやいておられました

◆『イヤイヤ期』に関する話

イヤイヤ期を考える。 以前、8歳に「何であの時あんなにイヤイヤ言ってたのか覚えてる?」と訊いたら、「イヤって言葉にあんまり意味はない。ただ赤ちゃんがちょっと喋る様になっただけ」と答えられて目から鱗だった。 ある方のリプで「うちの子はイヤが言えずに、アニャって言ってて癒された」→

と云うのを頂いて何となく思ったんだけど、 イヤイヤ期の「イヤ」って言葉のあの否定感がキツイんじゃないかなって。 どんなに頑張っても何やっても「イヤ」って拒否されたら辛い。 これが「マーベラス」等だったら全然違うんじゃないかと。 今日、お客様(6歳、4歳、2歳の母親)からLINEが来て→

「私、イヤイヤ期苦節4年目にして気付きました。子供が言ってるイヤイヤは私にじゃなくて自分に言ってるんだと。何をしても上手く思うように出来ない自己嫌悪であって、私は何にも悪くないんです。なので、子供がイヤと言った時は頭の中で「あたち、コップも上手く持てない!」って事だなって変換→

しました。」って。 これまた目から鱗だった。 「イヤ」って攻撃力高い割に中身はそんなんなのかもしれない。

@campanella2058 目から鱗です! でも確かに2歳って自分でやりたい気持ちはすごいのに、実際はできない事だらけ。中2のようなピリピリ感ありますよね。長女のイヤイヤ期は本当に鬱になるほどだったのですが、次女は言葉が早かったせいか、嫌な理由を言ってくれるのでそれほど大変じゃなかったんです。そういうことかな

@campanella2058 息子のイヤイヤ期がそれほど辛くなかった理由を考えてみたら、そもそも自分に向けられた否定ワードとして聞いていなかった。 お〜自我が出てきたなとか、興奮してないでもう一回やってごらんとか息子の問題としてたな確かに!それにしても8歳すごいな。

◆『夜泣き』に関する話

兄は大変記憶力が良く 0歳児の頃の記憶を持ってる そして兄は大変「育てにくい赤子」でした そんな兄に息子っち―が赤子の頃 「夜泣きが酷い離乳食を食べない」の相談すると 「俺が覚えてる限りでは…」とその時の「嫌な理由」と 「こうして欲しかった」を話すので実践すると どれも正解で助かった!www

特に「夜泣き」の原因が 「頭が痒い」というのは目から鱗でした 眠くなる体温が上がる汗をかく 我々アトピー家系なのでその汗で痒くなる! 緩めに絞った濡れタオルで頭を拭いて 乾いたタオルで優しく拭いていると あれほど夜泣きで寝なかった息子っち―が ウトウトと寝落ちしたのでした スゲー兄!w

@hakomine わたしも離乳食がいやだった理由をおぼえています。口元を拭かれるタオルの匂いがくさいときがあったのと、プラスチックスプーンが唇をこじあけるのが屈辱的だったからです。わたしは子育て中のきょうだいに言っても聞いてもらえませんでしたが…。

@melancholyAF 屈辱的! これ別の記憶で兄も言ってましたが 赤子も屈辱を強く感じるようです! 正しいと思います

1 2 3