1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

非常事態…「欧州サッカー界」に新型コロナの影響拡大

こんなに大事になるとは…一刻も早い終息を願うばかりですね。

更新日: 2020年03月11日

2 お気に入り 8332 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■世界中で感染が拡大している新型コロナウイルス

AFPがまとめた統計によると、世界の新型コロナウイルス感染者数は107の国・地域で11万7339人に達し、うち4251人が死亡。

日本時間11日午前2時時点

中国以外での感染が急速に拡大しており、WHOは「パンデミック(世界的大流行)が現実味を帯びてきた」と警鐘を鳴らしている。

■サッカー界への影響も深刻化

サッカー界も大きな打撃を受けており、中国や韓国ではリーグ戦の開幕などが延期。

日本では、Jリーグとなでしこリーグが3月中に行われる試合の延期を決定したほか、3・6月に行われる日本代表のカタールW杯アジア2次予選の原則延期なども決まった。

■ついに、欧州サッカー界にも…

イタリアでは感染者が1万人を突破したほか、フランスやスペイン、ドイツなど欧州各国で感染者が急増。

各国でイベントの中止や公共施設の閉鎖、人の移動を制限する措置などが行われ、欧州サッカーにも影響が出ている。

■欧州主要リーグで無観客開催、リーグ中断の決定相次ぐ

イタリア セリエA

試合の延期が続いていたセリエAは、「無観客での開催」を続ける方針を示し、8・9日には延期分の6試合が無観客で行われていた。

しかし、イタリア政府が9日夜、「4月3日まで全てのスポーツイベントを中止し、人の移動を制限する措置を全土に広げる」と発表。

セリエAなど全てのリーグ・カップ戦の中断が決定し、今後も試合開催が不可能となった場合にはシーズン終了の可能性もあるという。

シーズンが途中で中断となるのは、第ニ次世界大戦以来で初めて

スペイン リーガ・エスパニョーラ

感染者が1200人を超えたことを受け、スペイン政府は10日、すべてのプロ・アマスポーツの国内・国外での試合の無観客開催を要請。

サッカー連盟とラ・リーガは公式声明を出し、1部と2部の全試合を少なくとも今後2週間にわたって無観客で行うことを発表。

ただ、スペインサッカーの選手会(AFE)などは無観客開催ではなく試合の延期を求めており、先行きは不透明な状況だ。

フランス リーグ・アン

感染者が1600人を超えたフランスでは、政府が1000人以上が参加する集会の禁止などを発表。

これを受け、フランス・プロリーグ機構(LFP)は10日、1部と2部の全試合を4月15日まで無観客で開催すると発表。

詳細は今後発表され、4月4日に予定されているPSG対リヨンのフランス杯決勝も影響を受ける可能性がある。

ドイツ ブンデスリーガ

1 2