1. まとめトップ

転職エージェントを使い倒す理由7つ【裏側情報&失敗しないために】

転職エージェントの裏側を知って使い倒しましょう。人生を変える転職ですので無料の転職サイトを使い倒さないともったいないです。転職エージェントで働いていた私が裏側を含めまとめました。

更新日: 2020年03月11日

1 お気に入り 751 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

転職エージェントで働いていた私が、転職エージェントの裏側をまとめます。

転職エージェントに詳しい方の声

人材紹介業は エージェント→企業に人を紹介して 働くことが決まったら fee(その人の年収の30〜35%)が 転職エージェントに支払われる仕組みなんだけど これをエージェント側には不採用の連絡をして、求職者と口裏を合わせて採用してる企業があるのですが これは一発で信用と信頼を失います

リクルートに転職する際に、情報を得るためにネットを叩いたが、ほとんどがアフィリエイト目的の薄い情報ばかりだった 実際に入社して思うことは ・リクルートに詳しいと言い張る転職エージェント(ちょっと働いたand知り合いいるレベル) ・転職ブログ の情報は大体間違ってる twitter.com/fujikaho_chan/…

あなたの適職に合った求人を紹介してくれる転職エージェントは、どうして無料で受けられるのか。 それは、求人を掲載している企業が費用を負担しているからだ。では、どうして企業は高い費用を払っても転職エージェントを使うのか。 その理由は→hataraku-jimu.com/100-13 無料なら利用しない手はない!

【答え→転職エージェント⭕️】 闇雲に今の仕事で努力していても、年収は上がりづらいです。 年収の増加に紐付ける経験を把握しなくてはなりません。 ではどうやったら把握できるか? 転職エージェントです。 面談を通して、 ✔︎自分がいくらで売れるかを把握 ✔︎年収を上げる経験を教えてもらう

転職エージェントを使い倒すべき理由1:内定率が高い

内定率が高い
転職エージェントを利用すると、内定率が高いです。転職のプロだからです。

もちろんあなた1人で転職活動もできますが、素人である分、手間もかかります。あなたの目的は転職することであり、転職のプロになることではありません。

だからプロに任せてしまった方が、目的の転職がしやすいです。転職エージェントは応募企業の情報を多くもっているので、応募企業ごとの対策ができるのも強みです。

企業側も、転職エージェントが人材を厳選してくれるので手間は省ける分、内定率が高いです。

転職エージェントを使い倒すべき理由2:労働条件や待遇面のヒアリング

労働条件や待遇面のヒアリングができる
1つ目は転職エージェントを挟むことで、企業に直接聞くのがためらわれる労働条件や待遇面もしっかりヒアリングできるのが良い点です。

実際のところ、「残業時間は何時間くらいなのか?」、「近年賞与はどれくらい出ているのか?」など、転職先を決める上で重要な情報を事前に知ることができます。

転職エージェントを使い倒すべき理由3:非公開求人・質の高い求人が集まる

非公開求人・質の高い求人が集まる
転職エージェントの多くが、企業の自社サイトや転職サイトなどで一般に公開していない「非公開求人」を多く持っています。
例えば、大手企業が求人を出して応募者が殺到すると、その一人ひとりに対応する企業側に、大きな負担とコストがかかります。

そのため企業側は、転職エージェント(非公開求人)を利用して応募者を絞り込み、レベルの高い人材のみで選考を行うのが効率的だと考えているのです。

このように、転職エージェントは、一般には非公開としている求人を企業から預かっているため、求職者はその非公開求人を紹介してもらえるチャンスが出てくるのです。

転職エージェントを使い倒すべき理由4:企業調査が充実

転職エージェントは企業調査が充実しており、求人サイトからでは知り得ない情報をたくさん提供してくれます。

社内の雰囲気などを事前に詳しく知ることができれば、本当に自分に合った求人に応募することができますね。

そんな貴重な情報を利用しない手はありませんよね。

転職エージェントを使い倒すべき理由5:サービスはすべて無料

サービスはすべて無料
転職のプロのサポートや、
企業からのスカウト・自社コンテンツまですべてのサービスが無料です。

転職エージェントを使い倒すべき理由6:業界の出身者が提案

転職エージェントを使い倒すべき理由7:本人が想定していない求人紹介が得意

さらにエージェント個人によって、求人の決裁権はだれが持っているのか、誰が主導で採用しようとしているのか、など求人票に書いていない情報や、企業の意思決定のポイントがどこにあるのかを持っている人がいます。

そうした要素を、求職者側が逆にエージェントを面接するように把握するのです

転職エージェントを使うの手順

転職エージェントはキャリア別で使い分ける

転職サイトはどれも一緒、ではありません。転職サイトには「20代後半の未経験業界への転職実績が豊富」「新卒1〜3年目で抱えやすい悩みを理解している」「30代向けの求人は多いが、40代向けの求人が少ない」などの違いがあります。転職に失敗しないためには、各転職サイトの特徴が自分の年齢や条件に合っているか、よく読んでから登録するのがおススメです。

ハイキャリア向け転職エージェント

一般的なキャリアの方向け転職エージェント

本当に選ばれている転職エージェントを紹介
第1位:ハタラクティブ
第2位:doda.
第3位:マイナビエージェント
第4位:リクルートエージェント
第5位:type転職エージェント
第6位:パソナキャリア
第7位:マイナビジョブ20's.

良い転職エージェントを見抜く方法

1 2