1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

クラボウが新型コロナ簡易検査キットを販売!にネットがざわつく

クラボウが新型コロナウイルスの簡易検査キットを販売すると発表しました。これに対してネットがざわついています。

更新日: 2020年03月13日

5 お気に入り 13111 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■つい先日、ソフトバンクの孫社長がPCR検査100万人分寄付をツイートして話題になった

孫社長は検査が自宅で実施できることや厚生労働省を訪問したことを説明

■しかし、評判が悪くマスクの配布に変更した模様

「偽陽性や偽陰性のリスクが高く、検査のし過ぎが医療崩壊につながりかねない」との批判を浴び、「やめようかなぁ。。。」とトーンダウン

「やりましょう。マスク100万枚寄付します。介護施設と開業医へ。調達の為の発注完了」とつづった

介護者・開業医へ。調達のための発注完了」とツイートし、海外の工場に直接発注したことを明らかにした

■そんな孫さんが動く必要ななくなった?「クラボウ」が簡易検査キットの販売を発表

クラボウは12日、研究用として新型コロナウイルスの抗体を検出する検査試薬キットを16日から国内販売すると発表

検査キットに少量の血液を入れ、そこに試薬、検査薬を入れると、15分ほどで陽性・陰性を線が出ることによって判定ができる

■検査の効率化につながる

特殊な装置や専門知識も必要がないため、PCR法の遺伝子検査と比べても、時間、コスト、作業スペースの削減など検査の大幅な効率化が図れます

少量の血液で検査ができ、従来のPCR検査と比べて時間やコストが大幅に短縮できる

いずれも10検体分入りで、税抜価格はそれぞれ2万5000円。1日1000キットの販売を目指す

■擬陽性なども出にくいという

このキットは、イムノクロマト法(抗原抗体反応を利用する検査方法)の原理に基づき、中国の提携先企業が開発したもの

本キットはサンプル採取方法や採取部位による偽陽性がでにくいこと、さらに検体採取時に懸念される検査作業者への二次感染リスクも軽減できるのが特長

一般的なPCR法では、感染初期の患者に対しては、ウイルスの検出が難しいと言われていますが、本キットでは、感染時に体内で生成される特定の抗体を検出するため、感染初期の患者に対しても判定が可能

■素晴らしい医学の進歩!と素直に評価したいところだが、ネットの反応は色々だ

日本でも PCRをせずに キットでコロナウイルス感染を 判断できるキットを 発売します!! これで検査が 簡単になりますので 正確な数字がでると思います❣️ 新型コロナ検査を15分で クラボウ、中国製キット発売: 日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

ついに出てきたか。しかし金がかかるねえ…… 血液1滴15分で新型コロナ高精度判定、専門機関向け検査キット2万5000円で、クラボウ headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200312-…

検査をして、陽性だったらどうするの? 軽症者は自宅待機を徹底…にしないと、軽症者で病床が埋まる ↓ 重症者が入院出来ず死亡 ↓ イタリアや武漢や韓国の様に医療崩壊… 国の計画通りにやってもらわないと困るわ 今、日本の人工呼吸器の半分を使ってるそうじゃん。 #クラボウ #めざましテレビ

1 2