1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

マイクロソフトのビル・ゲイツ氏が取締役退任にネットが騒然

マイクロソフトの共同創業者であるビル・ゲイツ氏退任のニュースが入ってきました。このニュースにネットが騒然となっています。

更新日: 2020年03月14日

7 お気に入り 18424 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■マイクロソフトといえばビル・ゲイツ氏

ウィリアム・ヘンリー・"ビル"・ゲイツ3世(William Henry "Bill" Gates III、1955年10月28日 - )は、アメリカ合衆国の実業家、慈善活動家、技術者、プログラマ、作家、教育者

ビル・ゲイツとは、オペレーティングシステム(OS)「Windows」シリーズなどを開発しているソフトウェアメーカー、Microsoftの共同設立者

マイクロソフトの創業者であり、世界でもトップクラスの富豪として知られる

■天才的プログラミング能力と優れた経営感覚で大成功を収める

’81年IBMのパソコンにOSとしてMS-DOSを提供、IBM-PCとその互換機の普及に伴って急成長を遂げる

ゲイツは大量の読書を通じて、文科系の知恵もたくさんつけていた。さまざまなジャンルのビジネス書を読破し、前述したように経営戦略について詳しかった

■そのビルゲイツ氏がマイクロソフトの取締役退任を発表した

ビル・ゲイツ(Bill Gates)氏(64)が、慈善活動により多くの時間を割くため、同社の取締役を退任したと発表

ゲイツ氏は2014年にマイクロソフトの会長の職を退きましたが、取締役にはとどまっていました

最高経営責任者(CEO)Satya Nadella氏ら経営陣の技術顧問としての役割は継続する

■更に、ゲイツ氏はバークシャー・ハザウェイの取締役も退く

バフェット氏はBill&Melinda Gates Foundationの共同受託者であり、Giving Pledgeの共同設立者でもある。ゲイツ氏はこれらの取り組みでバフェット氏とのパートナーシップを継続する

■ビルゲイツ氏はなぜ退任するのか?

08年にマイクロソフトの第一線から身を引くと、その後は夫婦の財団を通じて世界の公衆衛生や産業育成、教育問題に取り組んできた

医療や教育の向上、気候変動への取り組みなど慈善活動に専念するという

ポリオやエイズなどの対策や発展途上国の開発援助などに多額の寄付を行っています。ゲイツ氏はたびたび来日し、日本政府や経済界に途上国への医療の普及などに協力を呼びかけてきました

■ネットはこのニュースでもちきり

ビル・ゲイツ氏が取締役退任。Windowsによるdisruptionと、長く続いたイノベーションのジレンマとの戦い。リーダーシップをシフトさせながら大きなテーマと向き合ったゲイツ氏。引退ではなく次なるチャレンジへのステップというのがいいですね。 nikkei.com/article/DGXMZO…

ゲイツ氏、マイクロソフトの取締役退任:日本経済新聞 ゲイツさん、お疲れ様でした!一つの時代の終焉という感じ! nikkei.com/article/DGKKZO…

ビル・ゲイツ氏、マイクロソフト取締役を退任 日本経済新聞 − 2020年3月14日06時00分 nikkei.com/article/DGXMZO… 環境問題などの慈善事業に専念する為。 64歳とのこと。良い時期だろう。

1 2