1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

世界億万長者たちの名言まとめです!

国籍 アメリカ
年齢 55歳
業種 Amazon

1. 変わらないものを軸に戦略を立てよ。

「選択肢はより多く、価格はより安く、配達はより迅速で確実に」。ベゾスはこの3要素を、顧客が「変わらず求め続けるもの」として定義し、すべての戦略を立てた。変わらないものに軸を置かなければ、長期的な成長は望めない。

2. 顧客に執着せよ。

ベゾスは会議室に誰も座らない椅子を持ち込み、そこにアマゾンにおける最も重要な人物=顧客が座っていると仮定した。現在、この椅子の役割は特別に訓練された社員が果たす。彼らが眉をひそめると、幹部たちは震えだす。

3. 我々は長期間にわたって誤解されることを厭わない。

アマゾンの新規事業の多くは当初、採算の合わない道楽に見える。ゆえに、しばしばアマゾン株は暴落し、アナリストの冷笑を誘う。しかしベゾスは意に介さない。意義のある事業なら、花開くまで5~7年かかろうと問題ない。

4. 会社には2種類ある。高く売るために努力する会社と、安く売るために努力する会社だ。我々は後者になる。

コスト削減の結果を顧客に還元すると喧伝する会社は多くある。しかし、アマゾンほど徹底してこれを実行する会社は少ない。

5. 顧客のニーズから逆算せよ。

キンドルのようなアマゾンの新規ビッグプロジェクトの仕様は、エンジニアの嗜好ではなく、顧客のニーズにより決定される。逆に、顧客に受け入れられない商品は容赦なく打ち切られる。それが、巨大な部門をつぶすことになろうとも。

6. アマゾンの企業文化は「調和」と「情熱」だが、いざどちらかを選ぶとなれば、我々は「情熱」をとる。

異論があれば、情熱をもって徹底的に論じ合うのがアマゾンの文化。ただし、定量データとその分析がなにより重んじられるので、意見を言うなら十分な準備が必要。グラディエーターのような真剣勝負が、オフィスの随所で行われている。

7. 発明家になりたければ失敗を恐れるな。

創業時に雇った多くの編集者は、顧客が評価を書きこむ「カスタマーレビュー」の導入により無駄になった。オークション市場への参入でも失敗している。が、ベゾスは言う。「なにかを学べるなら、つまずきも人生の一部だ」。

8. 自分のもっている時間を100%とすると、かつては30%をサービスの構築に、残りの70%をプレゼンに充てたが、時代は変わった。これからは逆だ。

ベゾスは、広告に使うお金があれば、派手さはなくても、顧客満足度を高める工夫に投資すべきだと考える。価格やサービスに感動した顧客は必ず誰かにそれを伝える。口コミこそがアマゾンを強くする。

9. 誰もがコールセンターで働けるようにならなければいけない。

バイラルな時代にあって、クレームは壊滅的なダメージとなりかねない。ベゾスは自身も含め、全管理職に毎年2日間のコールセンタートレーニングを受けさせている。得られるものは、顧客に対する謙虚さと共感だ。

10. 今日はインターネットの1日目(the Day 1)だ。学ぶことは膨大にある。

1997年、アマゾンが出した最初の株主への手紙にこの一文はある。ベゾスはこれをいまでも忘れていない。近年つくられたシアトル本社の社屋のうち、中心となるふたつのビルの名は「Day 1North」「Day 1 South」だ。

国籍 アメリカ
年齢 63歳
業種 マイクロソフト

私たちはいつも、

今後2年で起こる変化を過大評価し、

今後10年で起こる変化を過小評価してしまう。

無為に過ごしてはいけないんだ。




なぜファーストクラスに乗らないかって、

だってエコノミーでも到着する時間は同じだろ。




ビジネスは非常に簡単だと思う。

売上からコストを引けば、

大きな黒字が出る。

計算は極めて簡単だ。




マイクロソフトの行動は非常に迅速だ。

我々は顧客のニーズに応じて

優先順位を決めている。

国籍:アメリカ
年齢:88歳
業種:投資家

「自分の能力の輪の中にめぼしいものがないからといって、むやみに輪を広げることはしません。じっと待ちます」


「あなたが車を一台持っていて、一生その車にしか乗れないとしよう。当然あなたはその車を大切に扱うだろう。必要以上にオイルを交換したり、慎重な運転を心がけたりするはずだ。ここで考えて欲しいのは、あなたが一生に一つの心と一つの体しか持てないということだ。常に心身を鍛練しなさい。けして心身の手入れを怠らないようにしなさい。じっくり時間をかければ、あなたは自らの心を強化することができる。人間の主要資産が自分自身だとすれば、必要なのは心身の維持と強化だ」


「株は単純。みんなが恐怖におののいているときに買い、陶酔状態の時に恐怖を覚えて売ればいい」


「ある分野の第一人者、たとえば優秀なスポーツ選手や有名な芸能人が畑違いの事柄にまで首を突っ込んで、一般大衆に身の施し方をあれこれ指南しようとする風潮に、私は強い違和感を覚える。我々が投資で大きな利益を上げられるからといって、世の中のあらゆる事柄に関して良い助言ができるだろうか?こんな考え方は常軌を逸している」

国籍:フランス
年齢:70歳
業種:アパレル

消費者に予想されるような高額商品を、行列してまで手に入れたい人もいないはず、そんな商品にプレミアム価格はつかないですよ

国籍:メキシコ
年齢:79歳
業種:通信事業

世界の競合他社よりもひたすら良い仕事をしてきただけのことだ。


2000番目でも、そんなのどうでもいいんだ。家族との生活や自分の時間と仕事とを両立することの方が、豊かになることよりも重要なのだ。

国籍:スペイン
年齢:82歳
業種:アパレル

「1.見栄を張ることなく、常に自分自身であること。
2.粘り強さを持つこと。
3.学ぶ精神を持って人生を生きること」
アマンシオをインタビューした人間が学んだこと


「通りでは、私の家族、友人、一緒に働いている仲間から私は気づいてほしいだけです」


「私たちは、私たちの仕事の品質で、3つの大陸の我々のお店に頻繁に来る数百万のお客さまの信頼を勝ちとり続けなければならない」

国籍:アメリカ
年齢:74歳
業種:ソフトウェア

Being first is more important to me [than earning money]. I have so much money. Whatever money is, it’s just a method of keeping score now. I mean, I certainly don’t need more money.
お金を稼ぐよりも、一番になることは何よりも大切だ。確かに、私は大金を手にしているが。お金が何であろうとも、それは単なる今スコアを維持するだけの方法に過ぎないのだ。何が言いたいかというと、確かにより多くのお金なんて必要ないのだ。
お金は生活をしていくためであったり、夢を叶えるためであったり、人によってその価値は様々です。しかし、ラリーエリソンのように使っても使い切れないほど持ってしまうと、お金そのものにまた別の価値観が生まれるのでしょう。


Life’s a journey. It’s a journey about discovering limits.
人生は旅だ。限界をどれだけ発見できるかの旅である。

国籍:アメリカ
年齢:34歳
業種:Facebook

Done is better than perfect.
(完璧であることより、まず終わらせることが重要だ)

The biggest risk is not taking any risk.
(最大のリスクは、リスクを取らないことだ)

Facebook was not originally created to be a company. It was built to accomplish a social mission, to make the world more open and connected.
(Facebookは、会社にするために作られたものではない。世界をオープンで、より繋がったものにするという社会的ミッション達成のために作られた)

国籍 アメリカ
年齢 77歳
業種 ブルームバーグ

我々が生きている世界は、○か×かのデジタルな世界ではない。どちらでもない部分のほうが多いのです。例えばある研究者が一生かけて何かを探求し ようとしたとします。結局、彼の人生は一生かけても欲しいものを手に入れることはできないかもしれない。でも彼は盲目的に探していくわけではないですよね。どこかで欲しいものに近づいていると思うからこそ彼は生きていくのではないでしょうか。



私はオプティミスティックで過去を振り返らないタチだから。今日が自分にとって最良の日であるといつも思ってやってきた。

ローレンス・エドワード・“ラリー”・ペイジ
・1973年3月26日生まれ、アメリカ合衆国 ミシガン州イーストランシング出身
・Googleの共同創業者、前最高経営責任者(CEO)、現在は持株会社であるアルファベット社CEO

(1) 少しクレイジーなくらいに、好奇心を追い求め、野心を持ち、夢をあきらめるな
~ラリー・ペイジ~

(2) 「失敗したら、どうしよう?」と考える前に自分に自信を持つことから始めてみよう。

失敗は失敗で得られるものがあるから、悪いことではない。むしろ頻繁に失敗した方が得られるものが多いのだ
~ラリー・ペイジ~

(3) 失敗しても構わないが、失敗するなら早くしろ
~ラリー・ペイジ~

(4) 途方もない夢でも実現へと前進させることは、意外とたやすい。

「そんな馬鹿なことはできない」と誰もが思うことならば、競争相手はほとんどいないからだ
~ラリー・ペイジ~

(5) ビジネスの分野に興味を持って多くの本を読む必要がある。
私は本棚1つ分のビジネス書を読んだ。そして私にはそれが必要だった。
多くの驚くべきビジネス上の洞察が、別のビジネス分野の人によってもたらされている
~ラリー・ペイジ~

(6) チームの規模を非常に小さくしている。
最初は1人だけのこともある。
ほとんどのチームは2・3人だ。
一旦軌道に乗ると、沢山の人がかかわり始める。
イノベーションは小さなグループから起こるものだ
~ラリー・ペイジ~

(7) Googleではイノベーションとリスクを強く奨励している。
でも、それはなかなか自然には起こらない。
特に会社の中では。

そこで従業員全員に20%の時間を与えている。
その時間は何でも一番やりたいことを自由にやるのだ。
その中からイノベーションが生まれている。
GmailもGoogle Mapsもそうやって生まれた。
~ラリー・ペイジ~

(8) 私は多くの会社の経営のやり方は深刻に間違っているのではないかと心配している。
メディアの報道を読むと、Googleは、あるいはテクノロジー企業の多くはいつも互いに競争していることになっている。
まるでスポーツの試合の記事のような報道の仕方だ。
しかし競争のみから何か本当に優れたものが出てきたためしはほどんどない。
毎日会社に来てやることといえば、自分とほぼ同じようなことをしている同業のライバルの頭をどうやったら思い切りひっぱたけるかなどと考えるだけの仕事のどこが面白いのだろう?
そんなことをしているからほとんどの会社は次第に衰退していくことになるのだ。
つまらない改良をいくつか加えているとはいっても、毎日基本的に同じことを繰り返しているだけだ。
よく知ったことだけやっていれば失敗しないと思うのは人情だが、逐次的な改良を繰り返していればいつか必ず時代遅れになる。
特にテクノロジーの世界では非逐次的な、劇的なイノベーションがよく起こるのだからなおさらだ
~ラリー・ペイジ~

(9) 世界を変える方法を一言で言うと?
「うずうずするくらいエキサイティングなことに、常に必死に取り組むこと」です
~ラリー・ペイジ~

(10) 大きなことをする ほうが小さなことをするより容易だ。

1